So-net無料ブログ作成

静岡ホビーショーを前に「ミネルバ」と「ファイター2」の発売情報が出ました!! [趣味]

 以前、ラッシャージョウの「ミネルバ」と「ファイター2」が発売に向け計画中との話を記事にした訳ですが、ワンダーフェスティバルの時点では静岡ホビーショーにてアナウンス予定との事でした。

 今週に入り、ツイッターを巡回していた時にハセガワさんの「2019年5〜7月新製品情報」を見ていると.... 「ミネルバ」と「ファイター2」の情報が載っているではないですか!!

 もう、これはもう、購入の予定をしなければ駄目でしょ!!

 ハセガワさんのHPより、「ミネルバ」の内容を記載します。
ミネルバ.jpg
 ★アニメ「クラッシャージョウ」に登場する「ミネルバ」を1/400スケールでキット化。
 ★船体は「桁」を挟み込む構造を採用。
 ★的確なパーツ分割で、接着剤不要による組み立てを実現!
 ★密度の高いパネルライン彫刻を盛り込んだ設計となっています。

 おお~、今回も接着剤不要で組み立てられる様に設計.... やるな、ハセガワ!! 前作の「ファイター1」も多色成型で接着剤不要でしたので、「ミネルバ」でも同じだとは思っておりましたよ。 そして、ギミック的な部分も記載されており、これがまた良いんですよ。

 ★船体上部の連装砲塔は差替え式、ミサイルハッチは開閉可動。
 ★船体下部の多連装ミサイルポッドは引き出し可動。
 ★脚及び脚カバーは、駐機/飛行状態を選択可能。
 ★付属のスタンドにより飛行状態での展示が可能。

 差替え式の砲塔やハッチの開閉、ポッドの引き出し可能との事ですので、これも嬉しいですね。 ウェーブさんから出ていた「ミネルバ」みたいな感じで良いと思います。 脚に関しては選択式となっており、出来れば可動式にして欲しかった.... しかし、そんな事は後で何とでもなりますよ。(改造する気になればですが....) そして、他にも気になっていた点ですが、無事に叶いました!!

 ★同スケールの「ファイター1&2」「ガレオン」が付属。 

 これですよ、コレ!! タカラ版ではファイターが1機だけだったのですが、ハセガワ版ではちゃんと付属されますね。 出来ればマチュアの冷凍睡眠装置やフロートも欲しかったですが、多分ガレキででると思います。

 思い起こせば、昨年の全日本模型ホビーショーでハセガワの担当者さんに色々と語っていた訳ですが、この時点で「ミネルバ」の計画は進んでいたのかもしれませんね。 そう言ってしまうと、元も子もないですが、あの時は会場では熱く語られるファンの方が多く、私も自分の製作した写真を見せて懇願したりしておりました....

 とりあえず、発売が決定したので、ファンとして一安心!!

 そして、「ミネルバ」と同じくメーカーさんにお願いをし続けていた「ファイター2」、こちらは限定生産品ですが発売が決定です。 

 ハセガワさんのHPより、「ファイター2」の内容を記載します。
ファイター2.jpg
 
 ★アニメ「クラッシャージョウ」に登場する「ミネルバ」の搭載機、「ファイター2」を、1/72スケールでキット化!
 ★1/20 アルフィンのレジン製フィギュアが付属する限定キットです!
 ★接着剤不用のスナップキット。
 ★航空機らしさを感じる、密度の高い彫刻を盛り込んだ設計となっています。

 基本は「ファイター1」と同じですが、限定生産である事と1/20のアルフィンが別途付属.... これには驚きです。 アルフィンは人気ありますからね~。

 ★キャノピー、機体下面のミサイル発射口、エアブレーキ(兼 推力偏向プレート)は開閉選択式。
 ★機首の「2」やコックピット後方の「J」のマーキングはデカールをセット。
 ★脚及び脚カバーは、駐機/飛行状態を選択可能。
 ★付属のスタンドにより飛行状態での展示が可能です。
 ★パッケージイラストは加藤単駆郎 氏が担当。
 ★新規プラ部品による着座姿勢の「アルフィン」と「リッキー」、背を伸ばして整備をしているイメージの「ドンゴ」のフィギュアが付属します。

 こちらの説明も機体については「ファイター1」と同じですが、デカールは当然「2」となりますね。 「ファイター1」では同スケールの付属はジョウとタロスでしたが、今回の「ファイター2」にはアルフィンとリッキー、そしてドンゴが付属されます。 ホビーショーやワンフェスでお願いしていた内容そのまま叶いました!!  私が願っていた内容通りですので、「ファイター2」を購入すれば「クラッシャージョウ」のフルメンバーが揃います。 


 他の方々と同じく、私も「ドンゴも絶対にお願いします!!」と言い続けた訳ですが、ドンゴはジョウのチームにとって重要な位置にいるキャラクターなんです。 何せジョウの親父である、クラッシャーダンが現役時代からドンゴは一緒に活躍しているのですから.... その親父であるダンがクラッシャーを引退する際、ダンのチームメンバーだったタロスとガンビーノ、そしてドンゴをジョウの補佐役として託した流れです。 人間だけではなく、ドンゴも入れてちゃんとメンバー全員が揃う様にした頂けるなんて.... やっぱり、ハセガワさんの内部にはCJファンが居るに違いない!!、と思ってしまいますね。

 順番としては「ファイター2」が先で「ミネルバ」が後になる訳ですが、「ファイター2」は限定生産となっておりますので、早く予約をしなければ....

 この週末はF1中国GPが開催されます。 今日は予選が行われましたが、応援しているレッドブル・ホンダは5・6位となりました。 Q3まで進んだ2台ですが、ラストアタックに入る直前、フェラーリのベッテルがレッドブルを抜きアタックを開始。 紳士協定としてですが、アタック直前に他社を抜くのはタブーとしており、ベッテルの追い抜きでフェルスタッペンのウォーミングアップが阻害され、なおかつチェッカーが振られ、アタック出来ずに終了となってしまいました。 まあ、最終アタックが出来なかった訳ですので、私の勝手に予想ではありますが.... アタックが上手く行けば、1つか2つは順位が上げられたかもしれない感じです。 しかし、今回は硬いタイヤでもメースが良かったので、決勝に期待です!!

 トロ・ロッソに関しては、初日のFP1でクビアトのPUにセンサーが異常を検知したことにより、PU関係を交換となりました。 短時間で解析出来ない為に交換ですので、そこは仕方が無いと思います。 予選前のFP3終盤、アルボンが最終コーナー立ち上がりでテールスライドさせてしまい、ステアリングで修正を行うも立て直せずにスピン!! マシンはリア側からクラッシュし左半分がグチャグチャに.... マシンの損傷が激しい為、シャシー交換となりました。 当然、PUもダメだと思います。 そして、予選に出られませんでしたので、決勝はピットスタートとなります。 残るクビアトはQ2で敗退となりましたが、11位である事を考えるとタイヤを選択する事が出来ますね。

 明日の決勝、F1が1000回目の節目との事ですので、そのウィナーに注目が集まっております。

 上海ですので決勝は日中に行われる訳ですが、明日は外出したいと思っており、CS放送を観るか外出するかで悩み中だったりして....  
nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

ついにハセガワより「ファイター1」が発売となりました!! [趣味]

 昨年、ネットにて計画を知ったクラッシャージョウの劇中に登場する搭載機「ファイター1」ですが、発売延期で1月末の出荷となりました.... この1か月は長かった~。

 そして発売となり、先週末にアキバへ行き購入となった次第です。
F101.jpg
 到着早々、ホビーフロアにて購入。 積まれたファイター1を手に取る方が結構おり、私以外にも購入されていく方がおりましたよ。
F102.jpg
 帰宅後、開封の儀を行い内容物の確認。 破損や欠品等も無く、全て揃っている事を確認です。 ここからノンビリとですが、製作開始。
F103.jpg
 いつもの事ながら、まずは洗剤で洗浄.... その後は乾燥となりますが、乾燥されて事を確認しいよいよ組立てです。
F104.jpg
 最近のプラモデルはゲート跡が目立たない作りが多く、今回のファイター1も比較的に目立ちにくい感じです。 接着剤が要らないスナップフィットモデルでる為、ランナーの状態で塗装する事にしました。 ここで、購入から寝かし続けた「ガンダムマーカーエアブラシ」を使用する事を決断、準備を行い余ったランナー部分に吹きつけながら使い勝手をみておりました。 「ガンダムマーカー エアブラシ」、慣れれば結構良いですよ。 但し、ガス缶の消費が結構激しい為、出来れば小型でも良いのでコンプレッサーがあった方が良いと思いました。 為し吹きも終わり、いよいよ塗装....
F105.jpg
 写真はあまり良くありませんが、こんな感じでパーツがランナーに付いたままの状態で塗装です。
F106.jpg
 外装関係は普通に塗装したりしますが、こうやって塗装してみるとエアブラシの方が楽で綺麗ですね。 基本は筆塗りなのですが、ガンダムマーカーで手軽に塗装出来るエアブラシは魅力があります。 (当然、色数はマーカーの種類分しかありませんが....)
F107.jpg
 操作に慣れてきた事もあり、気付けばエアブラシでの塗装は終了。 乾燥していると思われますが、念の為、時間を多めに取る事にしました。
F1119.jpg
 お次はスミ入れを行い、こちらもじっくり乾燥.... 
F108.jpg
 乾燥後は溶剤ではみ出した部分をふき取ります。 黒でスミ入れを行った訳ですが、くっきりしすぎな感じを受けましたので、軽くぼかす感じにしました。 逆に、最初からグレーでスミ入れすれば良かったかも....
F109.jpg
 あらかた塗装も終わりましたので、組立てを始めて状態の確認をしつつ....
F110.jpg
 デカール貼りを始めます。 写真の通りでして、付属のデカールは「ファイター1」のみでした。 てっきり「ファイター2」にする為のデカールも付いてくると思ったのに.... こりゃあ、ファイター2の販売があると思って良いのかな?? さて、外装のデカールを貼る前にやる事があり、コックピットのコンパネのデカールを貼ります。
F111.jpg
 パネルの上部にあるスクリーン用のデカールを貼り.... 
F112.jpg
 他の部分は適当に塗装。 操縦桿を装着し、コンパネ周りが出来上がりました。
F1130.jpg 
取説の通りに製作を始め....
F113.jpg
 まずはコックピット周りまで組立てました。 斜め後ろからの眺めですが、なかなか良いじゃないですか!!
F114.jpg
 その後もパチパチと組立てを進め、機体の組み立てはほぼ完了。 8枚ある垂直尾翼のデカール貼りから始めておりますが、両面にデカールを貼るので合計16枚のデカール貼り.... 水転写デカールなので、うっかり切らない様に慎重にいきます。
F115.jpg
 コックピットのシートもデカールがありましたが、ここは適当に色を合わせて塗りました。 ジョウ達が作業や戦闘で乗り降りしますので、多少ムラがあった方が良いと思っております。 コックピットの両脇に装着されているガトリング式機関砲、この部分も乗り降りで足を掛ける部分ですので少し色が褪せた風にしたつもりだったり....
F116.jpg
 これから多くのデカールを貼る事になりますが、まずは組み上がったファイター1をじっくり眺めておりました。 機体後部からの眺め、何も考えず説明書通りに組みだけですうが、どのパーツもピタッとはまりますね。 凄い精度だ....
F117.jpg
 後はデカールを貼り.....
F118.jpg
 飛行形態か着陸形態か選ぶのみ。 どっちの形態にしようか、そこが一番の悩みどころ.... とりあえず、作業しながら考えます。
F121.jpg
 雰囲気をつかみたいので、特徴となっている「1」と「J」のシールを貼ってみました!! 良いですね~、ピシッと締まりますね。
F124.jpg
 垂直尾翼には機体番号と「流星マーク」、クラッシャーの機体ですから「流星マーク」が無いとね!!
F120.jpg
 さて、ここからが失敗談。 キャノピーの塗装用にマスキングテープが付属されており、これは非常に便利なアイテムです。 早速マスキングを貼り、「ガンダムマーカー エアブラシ」にて塗装を行いました。 良い感じで塗装出来ていたのですが.... 指を離しても吹いたままの状態。 「うおっ、止まらんぞ!!」と思っている矢先にガス圧が下がり塗料が粒の状態でキャノピーへ.... 何とも悲惨な状態。 乾燥後、ペーパー掛けを行いました良い感じにはならず、タミヤカラーで筆塗りしましたよ。
 しかし....悲劇は続くもので、機体に小さいデカールを貼った際、指に残ってしまったらしく、気付けば筆塗りしたキャノピーに貼りついておりましたよ.... しかも、完全に乾燥した状態。
 どうしようも無い為、再度ヤスリ掛け。 そしてもう一度筆塗りとなりましたが、かなり汚い感じとなってしまいましたよ。 「まあ、後々修正しよう....」と思い、マスキングテープを剥がしてみると、何度も塗り直したので、隙間に塗料が入っていたりして..... 涙。
 色々とありますが、軽くウインドウ部に塗料はふき取り機体に装着。 もう少し落ち着いたら、キャノピー部の修正を行う事にします。とりあえず形になった「ファイター1」はこんな感じです。
F122.jpg
 恥ずかしい状態ですが、キャノピーを装着し仮の完成。 ピッタリと合う精度、ホレボレしますよ。
F123.jpg
 上からの眺め.... 付属のデカールをゴテゴテ貼るよりも特徴的な物だけ貼った方が良いのかな.... キャノピーの修正をしながら考えよう。
F125.jpg
 ハセガワさんから発売された「ファイター1」、本当に出来が良いので製作していて楽しかったですね。 パーツがピタッと合うと気持ちが良いですし、これだけ細かく複雑な形状を再現されておりますので感動です。

 さて、キャノピー修正、デカール貼り、飛行/着陸の選択が残っておりますが、この週末はXBOX ONEで発売されるゲームのオープンベータに参加予定。 少し落ち着かせてから修正作業に入りたいのが本音かも!?

 そして、ブログをアップしツイッターを覗いてみると.... とんでもないニュースが!?

 ハセガワより クラッシャージョウの「ミネルバ」の発売が決定!! (しかも1/400でタカラより大きいぞ!!)

 ワンフェスで試作品展示との事.... ヤバい、行きたいよ~!!

 ・追記
 昨晩、帰宅後にファイター1の修正作業を行いました。
F126.jpg
 塗装中のトラブルで悲惨な事になったキャノピー部、本当であれば塗装を落として塗りなおせばいいのですが.... 今回はペーパーを掛けて、塗料がはみ出した部分を除去しました。 まあ、これで良いでしょう。
F127.jpg
 その後、コックピット周りのデカール類を貼り、付属のスタンドに飾ってみましたが.... スタンドの高さがチョット高いかも。 そんな訳で、脚を付けてディスプレイしようと思いました。
nice!(66)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の一作目を製作.... 「機動戦士ガンダム」一番くじF-3賞で行こう!! [趣味]

 気付けは1月も後半、ハセガワから発売されるクラッシャージョウの「ファイター1」ももう少しです。

 しかしながら、何も製作しないで待ち続けるのも勿体ないと思い、簡単なキットを製作中です~。

 19011405.jpg
 前回の記事にも載せましたが、機動戦士ガンダムの一番くじにてゲットしたコア・ファイターの製作を始める事にしました。

19011601.jpg
 とりあえず、箱から出してランナーの状態を観察。 説明書を読みながら頭の中で組み立てを行います。 MGですので1/100スケールですが、やっぱり小さいですね....

19011801.jpg
 説明書にのっとり、パーツを切り出して仮組しながら製作。 最近のキット型抜きの技術力があがり、複雑な形状も一発で作れるのが凄いと思いました。 が.... ヒケも多く、ヤスリけが終わらない状態。 こうなると、やっぱり塗装しないと駄目かね~....
19011802.jpg
 各パーツをヤスリがけしながら、パイロットにチョットだけ色を塗りました。 G-3ガンダムなので、アムロっぽく塗ってみましたよ。

 平日の夜は時間も少ない為、ここまでの作業で中断です。

 そして、週末の休みとなった為、今日は午後から作業を再開しておりました。
19011901.jpg
 切り離したパーツ類は軽くヤスリがけを行い、手持ちのカラーでそれっぽく筆塗りてから乾燥です。 その後、組立てを行う前にエナメル系のスミ入れ等を行い、更に乾燥.... ここからは一気に組立です。 さて、一番くじの景品とは言え、初めてのMGシリーズの完成はどんな感じかと言いますと....
19011902.jpg
 こんな感じに出来上がりました!! デザインとプロポーションは良いですね~。 まずはキャノピーを開けた状態です。 こうやって見ると、アムロ感がありますよね。(と、思いたい....) このコア・ファイターはガンダムのVer3.0に付属する物と同じとの事ですが、着陸用の脚部分は別パーツになっております。 クリアーパーツですが、うっかり塗り忘れました....
19011903.jpg
 キャノピーを閉じだ状態、なかなか良いのですが、キャノピーの枠は塗らなかった方が良かったかな~。
19011904.jpg
 リアからの眺め、ノズル部分はシルバー系で軽く塗ってみました。 機体の明るい部分にはタミヤのグレー系のスミ入れ塗料を使ってました。 初めての使用でしたが、結構良い感じですね。
19011905.jpg
 コア・ファイターの武装と言えば、機種に4門ある機銃と胴体上面にあるミサイルのみ。 キットではミサイル部分も再現されておりますよ。 なかなか凝ってる.... 流石、現在のキットです。

 コア・ファイターと言えば、ガンダム、ガンキャノン、ガンダンクのコックピットになるコア・ブロックのシステム用として開発されました。 その後、この機体を使用し、コア・ブースターも製作されましたね。 TVの本放送時、何度も観る事になったコア・ブロックへの変形プロセスも再現できます。
19011906.jpg
 飛行状態から....
19011907.jpg
 機種部分が格納され....
19011908.jpg
 機首の付け根部分から折れ曲がりつつ、尾翼も格納.... (キットでもこの動作に連動して、垂直尾翼が格納されますよ。 流石、バンダイ!!)
19011909b.jpg
 ここから機体は垂直に上昇しつつ、主翼を折りたたみ....
19011909.jpg
 ブロックの状態になります。 この状態から、下からBパーツ(下半身)、上からAパーツ(上半身)がドッキングしガンダムになる流れです。 こうやって製作すると、MGのG-3ガンダムがほしくなりますね....
19011910.jpg
 また、このキットは本当に良く出来ており、コックピットも回転させることが出来ます。 こちらは手動ですが、この細かさが凄い!! しかし、機首部分を引っ張り出さないと、コップピット内が見えないのはしょうがないですね....

 最初はパチ組みで終わらせようと思いましたが、製作を始めると何だかんだで手を入れたくなりますね。 上手く行くかは別ですが、これにて今年の一作目は出来上がりました。 付属のシールは厚みがあるので、明日にでもアキバで水転写のデカールを購入しようとおもっております。 G-3と言う事で....
19011911.jpg
 デカールは別途貼る事として.... スケールは違いますが、HGUC REVIVE版のG-3ガンダムと並べてみました。 G-3ガンダム、久々に小説版の「機動戦士ガンダム」でも読むかな~。

 今日は家でノンビリとしながらプラモデルの製作をした訳ですが、出来上がりと同時にお腹が「グ~」となり始めました。 そんな訳で、
19011912.jpg
 久々に即席めんを作って頂きました。 うまかっちゃんの濃厚新味、美味しかったですよ!!

 明日は日曜日、午後からチョット買い物へ.... どこへ行くかって、そりゃあアキバしかないでしょ!!
nice!(56)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の「全日本模型ホビーショー」の話も今回が最後になります~!! [趣味]

 久しぶりに訪れた「全日本模型ホビーショー」ですが、今回は【その3】となります。

 今回も気なったブースをメインとしており、一応は今回で終わりになる予定です。

 最後にして最大のブースである「バンダイ」さんのブースです。
2018092941.JPG
 いつものロゴマークの他に色違いも出来たのですね、知らなかった....
2018092942.JPG
 ブースに入り、まず目に入ったのが「宇宙戦艦ヤマト2202」関連のプラモデル。 まずは1/100スケールですが、左は言わずと知れた「宇宙戦艦 ヤマト」、右は第六章の予告に登場し色々な意味で物議を醸した「波動実験艦 銀河」です。 

 私は銀河のデザインは中々受け入れられないですが、作品の設定が良く分からないので何ともいえないのですが、識別が03となっているとのネットにて書かれているので、ヤマト級の三番艦で良いのかな。 一番艦は当然「ヤマト」となるですが、そうなると二番艦の存在が霧に覆われいる感じです。 そこで思い出すのが最後の正統作品(と私が思っている)「宇宙戦艦ヤマト 復活編」には二番艦の存在が出ており、その名を「波動実験艦 ムサシ」としておりました。 ディレクターズカット版には最後にチラッと出ているとの事ですが、全体の姿は「銀河」と同じなので、今回の2202でも同じと思って良いのかも知れませんね。

 ここで気になる事があり、第五章のラストにて加藤が波動エンジンを切りヤマトが機能停止する場面と第六章での銀河の動き.... そして、予告編の最後でヤマトが再度発進するシーンが出ております。 第六章でのヤマトの動きが気になる所です。
2018092943.JPG
 こちらは現行のメカコレクションが展示されておりますが、私が最近製作している旧メカコレと違い出来栄えが素晴らしいですね。 その分、お値段も素晴らしくなっておりますが.... しかし、気になっているメカコレもあります。
2018092944.JPG
 壮観な感じで展示されておりますが、「地球連邦アンドロメダ級セット」はチョット欲しいと思いました。 旧作でも絶大な人気を誇った「アンドロメダ」ですが、アンドロメダ級として複数建造された設定となりました。 旧メカコレのアンドロメダを改造して製作するのも良いと思いますが、技術が必要ですので少し難しいかも....

 そんな感じで「宇宙戦艦ヤマト2202」を眺め、次に向ったのはコチラです。
2018092945.JPG
 劇場公開作品として製作されている「機動戦士ガンダムNT」関連、11月末に公開予定となっている作品なのですが、登場するモビルスーツ関係が多数展示されております。 「機動戦士ガンダムUC」から一年後の世界を描くとの内容です。 手前は1/100であるMGシリーズの「シナンジュ・スタイン(ナタティブVer.)」、奥は「ユニコーンガンダム3号機フィネクス(ナラティブVer.)」です。 ユニコーンはメッキ仕様となっており、プレバンでの販売みたいですね。
2018092946.JPG
 写真が上手く撮れていないので恥かしいですが、これが主人公の機体です。 1/144であるHGシリーズの「ナラティブガンダム A装備」ですが、B装備やC装備などもあるのでしょうかね....
2018092947.JPG
 コチラは全て1/144のHGシリーズですが、一番左の手前は「ユニコーンガンダム3号機フィネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)」、一番左奥が「ユニコーンガンダム3号機フィネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)[ゴールドコーティング]」、真ん中の手前は「シナンジュ・スタイン(ナタティブVer.)」、奥が「ユニコーンガンダム3号機フィネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)[クリアーカラー]」、右側はプレバンの商品ですが、手前は「ジェスタ(シェザール隊仕様 A班装備)」、中段の右は「ジェガンD型(護衛隊仕様)」、中段の左と奥が「ジェスタ(シェザール隊仕様 B&C班装備)」となっております。 プレバン商品は分かりますが、ユニコーンガンダムの3号機が使用違いで3種類とは.... バンダイさん、出し過ぎと違いますかね? 人気の高さなのかな~。
2018092948.JPG
 こちらも1/144のHGシリーズですが、一番奥が「機動戦士MOONガンダム」に登場する機体「ムーンガンダム」との事。 作品自体はガンダムエースで連絡されており、「ZZ」から「逆襲のシャア」の間を描いた作品との説明です。 ガンダムNTと同じく、原案は福井晴敏氏との事となっておりますので、私的には触れない作品です。 その右側に展示された機体は「機動戦士Ζガンダム」でアムロが搭乗しております。 パッと観でゲルググみたいな印象を受けますね。 これもHG化との事ですので、アムロの機体ですので売れると思いますよ~。 一番に写っている機体達は何かと言いますと....
2018092949.JPG
 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のMSDシリーズです、1/144のHGシリーズですので手頃な感じです。 出来栄えも良いですし、欲しくなりますね。
2018092950.JPG
 展示された機体は4機ありましたが、名称等は写真の通りです。 全てGMですが、スナイパーカスタムとキャノンは是非とも欲しい!!

 他にもスターウォーズのシリーズ等もありますが、今回は「宇宙戦艦ヤマト」と「機動戦士ガンダム」関係をメインに回っております。 大きなステージも準備されており、福井晴敏氏がゲストに呼ばれトークショーを行なっておりました。 凄い人気でしたが、「相変わらず好きな事を言っているな~」と言った印象です。

 ここでガシャポン関係も少しだけ..... 
2018092951.JPG
 以前から話は聞いておりましたが、ガシャポンシリーズから「ガンダムヘッド01」の実物です。 ザクヘッドがバカ売れの状態ですが、ガンダムヘッドも企画として上がっており、ようやく来年の1月に発売されるみたいです。 待ってたんですよ~、このガンダムヘッド。 展示はの手前がノーマル、右がG-3、左がフルアーマーなのかな~。 そして、お次は....
2018092952.JPG
 ガシャプラシリーズから「装甲騎兵ボトムズ02」です、このシリーズも01はバカ売れしており、私は殆ど出会う事無く数個のみしか集められませんでした。 スコタコも大好きですので、第二弾は絶対コンプしたい。 もちろん、第一弾も見つけたら速攻回しますよ~。 その他もブラブラと歩いておりましたが....
2018092953.JPG
 「ガンダムマーカーエアブラシシステム」も展示されておりました。 発売直後から売切れ続出で、再販をようやく購入した訳ですが.... 実は未だに使用していなかったりしておりますが、そろそろ使用する事を考えております。
2018092954.JPG
 またダイバーシティ東京内にある「ガンダムベース東京」の限定品も展示されており、その中で気になった商品がありました。 現在、「ガンダムベース東京」では「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の30thイベントが開催されており、記念として1/144のHGシリーズから「νガンダム vs サザビー(宿命の対決セット)[スペシャルコーティング]」が発売中。 これも欲しいとは思いますが.... 高価である事とコーティング物は製作しづらいので考え中です。
2018092955.JPG
 バンダイとイベントと言えば物販が絡んでくる訳ですが、今回は写真のパネルにある商品を販売。 初日の午後ですが、既に売り切れが出ている商品もありますね。 今回は欲しい商品が無く、またガンダムベース東京でも購入可能な商品でした。 まあ、毎回買う事も無いですからね....

 その後、超合金魂関係を巡っておりましたが、今回のウリはやっぱりコレ!!
2018092956.JPG
 このホビーショーが初お目見えとなった「超合金魂GX-86 宇宙戦艦ヤマト2202」です。

 全長は約425mm、材質に関してもABSとダイキャスト製.... 2202版の新デザインとの事ですが、結構良いですよね~。 パッと観た感じではオリジナルと大きな差は感じられませんし、大きくなったメインエンジンのノズルもバランス的に問題ないと思います。 写真の左下にあるボックスは、内蔵されたギミック用のコントローラーとなっております。 気になる方は下記の特設HPを覗いてみて下さい~。

 特設HP → https://tamashii.jp/special/yamato2202/

 主砲・副砲の旋回動作、波動砲や波動エンジンの発光動作等、色々なギミック満載です。 主要キャラクターの音声や楽曲・SEも内蔵しておりますので、劇中のシーンを再現して楽しむ事が出来ますね。 ただ、部屋の中で一人遊びをしていると、家族からはドン引きされる可能性もありますが.... まあ、趣味ですからね、気にするのは止めましょう!! 

 値段は張りますが、この商品は売れると思います。 森雪の格好をした方が時間ごとにデモンストレーションを行なっておりましたが、多くの人が集まっておりました。 そして、宇宙戦艦ヤマトトをアピールするべく置かれていた物がありました。 その大きさに驚きますが、何かと言いますと....
2018092957.JPG
 1/100の「宇宙戦艦ヤマト」が展示されておりました。 この大きさ、部屋には入らないぞ!!
2018092958.JPG
 斜め前からのショット、ヤマトしてますね~。 本当は初期のヤマトのデザインが好きなので、波動砲の開口部が小さい方が良いんですけどね。 まあ、リメイク版ですので良いか....
2018092959.JPG
 主砲は48サンチ三連装陽電子衝撃砲塔、副砲は20サンチ三連装陽電子衝撃砲塔との事ですね。 元々あった設定はこのサイズだったみたいですが、初期の作品では「戦艦大和」と同じ46サンチと15.5サンチとの設定でした。 まあ、ここら辺のサイズ的な話も作中では大きな問題では無いですので、詳しい事は無しとしましょう。 しかし、主砲と副砲は何口径なんだろうか.... そこだけは少し気になりますが、まあ実弾撃つ事もないから良いか。
2018092960.JPG
 艦橋部分は殆ど変わらないですね、煙突もヤマトを印象付ける特徴の1つ。 以前、「今どき煙突ミサイルなんて、はやらないんだよ」って言われてしまった訳ですが、戦いにはやるはやらないなんて必要無し。 そんな事を言ったお偉いさん、無能な奴としか感じませんでしたね。
2018092961.JPG
 船体後部も細かく造り込まれており、非常に良いですね。 旧メカコレをここまで改造出来れば良いのですが、技術が追いつかないな~。
2018092962.JPG
 船体底部、良く破壊される第三艦橋ですが、これがあってこそヤマトですね。 少し下からあおり気味で撮っておりますが、初期のデザインに比べて最近のデザインでは艦橋高さも含めてバランスを調整しているとの話です。 初期のデザインでは艦橋がニョキッと高くなっておりましたので、そこら辺のバランスを調整したとの話です。 そんなに大きな差ではないとの事ですが、パッと観では分からない....

 そんな感じで1/100の宇宙戦艦ヤマトを観ておりましたが、実際には色々と写真を撮っており、今後製作するヤマトに少しでも活かそうと思っております。 果たして、実際に活かせるのであろうか....

 両会場では他にも多くの企業さんを巡っておりましたが、余りにも多すぎますので割愛.... 鉄道模型関係も充実しておりましたが、多くの人がおりましたので、あまり写真を撮る事が出来ませんでした。 またメイン会場のステージでも色々なイベントが行われおり、露出度の高い衣装で写真撮影を行ったりしておりましたが、名前を聞いても分からない方なのでスルーだったり....

 また国産のプラモデルが発売されてから60周年との事で、「国産プラモデル誕生60周年記念展示」も開催されておりました。 
2018092963.JPG
 復刻版ですが、国産最初のプラモデルである「原子力潜水艦ノーチラス号」が展示。 復刻版と言っても金型は同じ物を使用しております。 1958年に発売となったキットですが、ここから国産のプラモデル文化が広まります。
2018092964.JPG
 展示は時代ごとに説明があり、当時のプラモデルがケース内に展示されております。

 幾つかの展示を見学しつつ、展示スペースの真ん中には「模型店」を再現したコーナーがありました。 中に入ってみると、何とも懐かしい光景が広がっているじゃないですか!!
2018092965.JPG
 今では数えるほどしか残っていない模型店ですが、その雰囲気をよく再現しおておりますね。 棚に積まれたプラモデル達.... 小遣いを握り締め、「次はアレを買うぞ!!」とか「今度は何を作ろうかな~」とか考えながら足を運んだものです。 友人達の待ち合わせ場所にもなったりしておりましたが、お店のマスター(大体がおじちゃん、おばちゃんですよね)との会話も子供にとっては貴重な情報です。 模型製作に関してのテクニックを教えてもらったり、相談したりもありました。 自分よりも年上の人とも模型を介して話をすることもあり、社会勉強としても良い場所だったと思います。
2018092966.JPG
 大体の模型屋さんにあるのが「展示コーナー」、お店の方が製作した物を展示するだけではなく、自分で製作した物を持ち込んで「飾って下さい!!」とお願いしたりもありましたよね。 自分の製作したプラモデルが展示され「○○君製作」なんて書かれたりすると、仲間内とは言え「ウメーなー」とか、「今度は俺が出すぜ!!」となったりしておりましたよ。
2018092967.JPG
 種類ごとに分けられている棚も話題の一つ、今でも作り続けているガンダムなどは出た当時を知っているだけに今でも記憶に残っておりますが、年を重ねてからガンプラを物色していると、「おう、まだガンダムかよ~、俺はミリタリー系へ移ったぜ」と声を掛けられたり、誰も手を出さなかった城のプラモデルを突然作り始める奴も居たな~。 「おもちゃ屋」さんではなく、「模型屋」さんは本当に減ってしまいましたよね。 寂しい限りです。

 その後、元の展示を眺めながら時代を進んでおりましたが、いよいよ私が小遣いを握り締めて通った次代となりました。
2018092968.JPG
 もう、ここら辺のプラモデルは一回は購入している物ばかり.... ガンプラのブーム以外にも「宇宙戦艦ヤマト」は人気が高かった。 ロボット物のプラモデルも結構出ていたんですよね、出来栄えはそこそこですが....
2018092969.JPG 
 最初はテレビマンガ(アニメの事)と言われていたプラモデルですが、製造技術の向上に伴い大きな市場になりました。 60年の展示を見た私は「目が見える限り、手が動く限りはプラモデル製作を続けて行きたい!!」と再確認した次第です。

 今年の「全日本模型ホビーショー」、最後に記念展示を見たことでヤル気になって帰宅となりました。 そう言いながら、ほとんど手を動かしていない状態なのですが....
nice!(58)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

休日は久しぶりに全日本模型ホビーショーへ行きました!! 【その2】 [趣味]

 前回から「全日本模型ホビーショー」の事を書いておりますが、今回は【その2】として続きを書きます。

 【その1】では、最大の目的であるハセガワさんの「ファイター1」についての感想でした。

 今回はハセガワさん以外のメーカーを書くことになりますが、一回で終るか複数回になるのかは感想を書きながらとなります。

 さて、「ファイター1」を含めハセガワのブースを堪能した私は、その足で会場をグルグルと巡っておりました。
2018092915.JPG
 ますは隣の㈱青島文化教材社へ向います。 アオシマの方が分かり易いと思いますが、昔はアオシマさんのプラモデルは良く買いましたよ~。 アオシマと言えば「合体シリーズ」があり、オリジナルのシリーズを展開!! アトランジャーやレッドホーク.... また作りたいな~。 その他にもアニメ作品のプラモデルも多く、今思うと結構な量を買ってた事に驚いていたりしております。 アオシマさんのブースもグルグルと回っており、気になったのはプラモデルではなく、カプセルトイだったりして....
2018092916.JPG
 ホンダがシティに積める原チャリとして発売した「モトコンポ」、発売当時は不人気極まりない状態でした。 しかし、最近はそのギミックと形状に人気が上がり、中古車も結構な高値で取引されたりしております。 今でも街中で走るモトコンポを見かける事がありますよ~。
2018092917.JPG
 もうひとつはスズキの「ジムニーSJ30」、今でのジムニー人気は高い車種ですね。 今年フルモデルチェンジをした訳ですが、非常に人気が高く納車に一年とか.... この「ジムニーSJ30」ですが、私は「宇宙刑事ギャバン」を思い出しますね。 一条寺烈が地球での生活で使用していたのが赤いジムニーの幌タイプでした。
2018092918.JPG
 撮影される方々の熱気が凄く、横からの撮影になりましたが、ゴジラのミレニアムシリーズで登場したメカ・ゴジラである「3式機龍」が展示されておりました。 この「3式機龍」は実際の撮影で使用されたとの説明でした。 何故、「3式機龍」が置いてあるかと言いますと....
2018092919.JPG
 ACKS(アオシマ.キャラクター.キット.セレクション)での発売PRですね。 キャラクターとしてメカ・ゴジラ、こちらも人気が高いです。 しかし....手前に展示されている「3式機龍」の後ろにあるパネルが気になるな~。 あのシルエット、間違いなくアノ作品ですね。 「行くわよノリコ!!」、「ハイ、お姉さま!!」、う~む....先日観たばかりですが、また観たくなってしまいましたよ~。 

 アオシマさんの次は星のマークで有名な....
2018092920.JPG
 ㈱タミヤへ行きました。 私としては「田宮模型」の方が馴染んでいておりますが....
2018092921.JPG
 大きなトヨタTS050が揚げられておりましたので寄ってましたが、良く見るとミニ四駆の宣伝でした。 ラジコンブームには乗っかっておりましたが、ミニ四駆は最初に発売されたモデルを購入したのみで、その後のブームは一歩引いた状態で見ておりました。 今でも人気のミニ四駆、少しだけ興味があったりします。 タミヤさんでは工具類を見たりしており、その後にプラモデルを色々と見ておりました。
2018092922.JPG
 「YAMAHA YZE-R1M」を眺めながら、出てくる言葉は「流石タミヤだな~」ですね。 展示品の完成度にうっとり.... その他のモデルなどを眺めながら、タミヤさんのブース内を巡回。 最近、とっても気になっているシリーズがあり、何か言うと....
2018092923.JPG
 「完成品」のシリーズです。 タミヤのキットをメーカーが製作し、完成品として販売する訳です。 この試み、結構売れていると思いますよ~。

 最近はラジコンからも手を引いておりますので、新製品関係と工具関係を見終わった後は次のブースへ.... ここからはダイジェスト的になり、巡った所をササッと載せる形にします。
2018092924.JPG
 京商さんでは、ラジコンやミニカー関係を巡り....
2018092925.JPG
 セメダインさんでは、接着剤を色々と見ておりました。
2018092926.JPG
 エコーテックさんでは、ツール関係で「超音波カッター」があります。 私的には利用する頻度が低いですが、非常に便利な工具ですよ。
2018092927.JPG
 ミリタリー関係のアクセサリー等も色々あり、久々にジオラマを製作したくなりましたよ。 どのジャンルにするかは悩みますが....
2018092928.JPG
 「プラモ向上委員会」ブランドで展開している㈱エトワールさんですが、写真のワークステーションが非常に魅力を感じます。 お茶の間モデラーですので、場所の移動も簡単に出来ますし、とっても便利そうだと思いました。 少し値は張りますけどね....
2018092929.JPG
 続いて向ったのが「ガイアノーツ」さん、塗料関係に強いメーカーさんですよね。 アニメ作品に登場するキャラやメカ用の塗料を出しており....
2018092930.JPG
 これから発売される予定のモデルについても、メーカーさんと共同で進めて同時発売になる形です。 前回の記事に登場したハセガワさんの「ファイター1」ですが、このファイター1用の塗料もガイアノーツさんから発売される事になっております。 当然ですが、塗装を考えておりますので、購入を予定しておりますよ。(ファイター2カラーはキットが出る事を願って、買うのは控える予定)
2018092931.JPG
 今でもボトムズシリーズは何個か積んだまま残っているキットがありますので、ガイアさんのカラーで塗ってみようかしら。 12月まで時間もありますので、そろそろ別のキットへ移行するチャンスかも!?

 さて、休憩を取る前に寄った所は....  
2018092932.JPG
 ホビーショー内で開催されている「お宝発見! ジャンク市2018」の会場へ向かいました。

 しかし.... 午後になってからの外出でしたので、期待していた程の物が残っていなかったですよ。 やっぱり、朝イチから行かないとダメだなこりゃ....

 「全日本模型ホビーショー」ですが、もう少し続く予定です。(まだB社も出ていないですからね~)

 その前に、今週はF1日本GPが開催されますので、その後になる予定です。 
nice!(49)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

休日は久しぶりに全日本模型ホビーショーへ行きました!! 【その1】 [趣味]

 台風24号が近づきつつある土曜日、小雨が降る中を午後から外出。

 電車に乗り、向かった先は....
2018092901.JPG
 東京ビッグサイト!! コミケ以来ですが、真夏の暑さと違い過ごし易くなりました。 しかし、これから向う場所は熱い人で一杯です。 さて、今回は....
2018092902.JPG
 久しぶりに「全日本模型ホビーショー」へ行き、新製品などの情報を仕入れておりましたよ。 会場は東7・8ホールですので、一番端っこです。 ビッグサイトに入り、歩く事数分.... ようやくホールに到着。 チケットを購入し入場となりました。
2018092903.JPG
 まずは会場の配置図を確認し、お目当ての企業へ向いました。 今回はとっても気にある製品があり、たとえ台風ど真ん中でも行こうと思っておりました。 そのお目当てとは....
2018092904.JPG
 模型メーカーのハセガワさんが新製品として展示している新製品、クラッシャージョウの愛機MINERVAの搭載機「ファイター1」を観る為、訪れた次第です。 やっと実物を対面する事が出来ました~!!
2018092905.JPG
 そして、写真の様に展示がされておりますが、内容としては....
2018092906.JPG
 左側に「ファイター1」のモックアップが展示され、右側には組立て時に選択出来る項目の説明とガイアノーツさんから発売予定の塗料の案内。 またモックアップの下には実寸と同じと思われる三面図もありますね。
2018092907.JPG
 その手前には実寸と同じと思われるランナー状態のイラストが展示されております。 展示用スタンドだけはイラストではなく実際の物と思われるランナーが置かれておりました。 

 ランナー状態のイラストを見ていただけると分かりますが、このプラモデルは多色成型&接着剤不要のモデルになります。 ですので、綺麗にパーツを切り出し組立を行うと....
2018092908.JPG
 この展示用のモックアップのの様になりますよ。 期待度大の「ファイター1」ですが、今回の模型化に伴いオリジナルのデザインを尊重しつつ、リファインしているみたいですね。 
2018092909.JPG
 このシャープな感じ.... 流石スケールモデルのハセガワさんだと思いましたよ。
2018092910.JPG
 まじまじと眺めていると、メーカーの担当者さんが持ち上げ下面を見せて頂けました!! 上面のスッキリした感じと違い、垂直離着陸も可能にする為のノズルなど下面は細かいモールドが沢山ありますね。 大気中や重力下だけの運用ではなく、宇宙空間での運用も考慮されておりますので、コックピット後部や機体後部にも多すぎる位の推進用ノズルがゴテゴテと付いております。 下面を惜しみなく見せて下さった担当者さんに感謝!!
2018092911.JPG
 横からの眺めですが、機体の特徴にもなっている薄さもいい感じになっておりますよ!! 高千穂遥先生の原作においても「平べったく尾の無いエイを思わせる姿....」と説明されております~。
2018092912.JPG
 撮り辛かったのですが、機体後部は上記にも書いた通り推進用のノズルが「これでもか!!」と思うほどあります。 エアブレーキ兼推力偏向プレートが閉じた状態ですので、メインノズルしか分かりませんが....

 こうしてジックリと「ファイター1」を眺めつつ、期待感を膨らませておりました!! しかも、展示されているモックアップから細かい修正が入っているとの話でしたので、販売される時には更に格好良くなっていると期待します。 また「ファイター1」ですが、結構な注目度でして他の来場者の方も「やっと見る事が出来た!!」であったり、「クラッシャージョウ、懐かしい~!!」といった感じで人々が次々に訪れておりましたよ~。

 原作ファンの方も来られており、メーカーの担当者さんにクラッシャージョウの魅力を熱~く語っておりました。 その時に居たファンの方ですが、もう凄いんですよ言葉の押しが.... 一日中語っていられそうな方でしたよ。 私も輪の中に入れさせて頂いたりもしましたが、本当に細かく説明されて居りました。 私もそんな中で幾つか質問を行いました。

 ①「ファイター1」を出すのであれば、是非とも「ファイター2」を出してもらいたい。
 ②「ファイター1」にはジョウとタロスが付属、「ファイター2」にはアルフィンとリッキーを付属して欲しい。
 ③そうなると、二機セットも出して頂き、親父のダン時代から居るドンゴも付属してもらいたい。
 ④ハセガワさんが「ファイター1」をキット化されたのであれば、ミネルバやコルドバもキット化して欲しい。
 ⑤ここまで来れば、当然マーフィーパイレーツも期待したい。(これは現地に居た、他のファンの方より)

 無茶な話ではありますが、同じ様な要望を出される方が多いとの事で私の話も聞いて頂き、要望としてメモも取って下さいました。 昨年が原作の小説第一巻が発刊され40周年、今年が劇場公開から35周年、昨年からコミカライズ連載も始まっており、単行本もいきなり重版される等々....根強い人気についても話をさせて頂きました。 この時の担当者さん曰く、「今回も新製品の企画として、クラッシャージョウのファイター1をキット化することになった訳ですが、静岡のホビーショーで出してから期待と要望がとても大きく、私達としても驚くばかりです。」との事でした。 ミネルバはどうしてもキット化して欲しく、旧キットを製作した写真も見て貰ったりしておりました。

 とても親切な担当者さんですが、「まずはファイター1がどれだけ受け入れられるかですが、ファンの方々からの声による後押しが、メーカーとしても一番の力になります!!」との事でした。 おおっ、そう言って頂けるだけでも嬉しいですよ。 ブース内をウロウロとしており、「ファイター1」の周りに人が居なくなると写真を撮っておりましたが、同じ担当者さんが居られ何となく会話を行なっており「何度もお願いで申し訳無いのですが、モデラーさんは多色成型に慣れているので、是非ともファイター2は出して欲しいと願っています。」と話を出してみると、「そうですよね、成型の色が一色違うだけですから.... 付属のキャラクター部分もランナーは別ですしね~。」と言った感じです。 同じ様な要望を出す人が多いんだろうな~.... ここで思ったのが、「ミネルバをキット化してくれるのであれば、ドンゴはミネルバに付属でも良いな~。」と考えたりして。 出る出ない(そりゃあ出て欲しいですが)に関わらず、そうやって期待感に胸を膨らますのも良いじゃないですかね。

 長居せず、メーカーさんの邪魔だけはしたくありませんので、キットへの質問と今後の要望を伝え他の製品を見る事にしました。 最近のハセガワさんと言えば、私的には....
2018092936.JPG
 マクロスシリーズも好きですよ。 私は飛行機のキットと言えば「ハセガワ」を思い出す位ですが、マクロスシリーズをキット化した時にはビックリしましたよ。 「あのハセガワが....」と思った次第ですが飛行機のモデルに精通しているからこと、その出来栄えは見事ですね。 しかし、バトロイドの形態よりは、やっぱり....
2018092937.JPG
 ファイターの形態が断然良いでしょ!! やっぱり~VF-1シリーズが一番格好良いと思いますよ。 その後のシリーズは良く分からず、最近のマクロス製品も見てみると....
2018092934.JPG
 こんな感じなのですね。 形状と名前、スウェーデンにあるサーブ社の「ドラケン」そのままじゃないか!! ドラケン~.... 「エリア88」を思い出しますよ。 その他にも.....
2018092935.JPG
 色々な形状の機体があるのですね、カラフルなカラーリングで格好良いと思います。

 そんな事を思っていると、先程の担当者さんから声を掛けられました。 「マクロスシリーズも良いですよね、最初のマクロスは大好きで観ておりましたよ。しかし、最近は色々な作品と機体があるのですね。」と話した所.... 「この列に並んでいる機体は、私が製作したんですよ。」との事。 サラリと言われたので「そうなんですか~。」と答えつつ.... 「エエッ、この列に並んでいる機体をですか!?」と驚きながら聞き返してしまいました。 その後も模型製作についての会話をさせて頂き、本当にハセガワさんのブースを離れる時間となりました。

 模型メーカーの方ですので当然かも知れませんが、模型を製作する楽しさを理解されており、だからこそ訪れたファンに対しても話の中から色々と意見を取ろうとしている事が強く感じられました。 私の場合はB社の商品が大半で次にT社だったりしますが、色々と製品化を願っておりますので、ハセガワさんの商品をドンドン買わなければ!!

 そう言えば、担当者さんと「ファイター1」の話をしている時にマクロスのVF-1シリーズの話になりました。 「ファイター1」のデザインとマクロスのVF-1シリーズのデザインが似ている為、デザインをしていた河森さんが違いを出すのに苦労したとの話でした。 そう考えると、機首からインテーク部のデザインは非常に似ていますからね。
2018092938.JPG
 こちらはVF-1シリーズの機首部分、あえて白黒にして見ましたが.... 
2018092939.JPG
 確かに展示された「ファイター1」のモックアップと比べると似ているな~。 全く考えていなかった私って一体....

 その他ですが、ハセガワさんのブースで気になった製品達の一部です。
2018092940.JPG
 懐かしのグループCカーである「日産R91CP」、モンスターマシンですよね。 あの頃も国内レースは熱かった!!
2018092913.JPG
 そして、これまた懐かしの「いすゞジェミニ イルムシャーターボ」、これを出すとはコアな選択だな~。
2018092914.JPG
 最近は二輪も充実しているハセガワさん、今回はシードカラーの「89年式NSR500」がありました。 シードカラーと言えば、前年の日本GPで強烈な走りを魅せた伊藤真一選手を思い出しますよ。

 まだまだ多くの展示がありましたが、ハセガワさんではクラッシャージョウの「ファイター1」をメインに回っておりましたよ。 発売まで二ヶ月チョット.... あ~早く12月にならないかな~。

 全日本模型ホビーショーですが、何回に分けて感想の記事を書く予定です。
nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

実物大「機動戦士ガンダムUC」が一般公開!! [趣味]

 昨日ですが、「実物大ユニコーンガンダム立像」の一般公開が始まりました。

 先日、お台場へ行った際に建設中のユニコーンを見た訳ですが、思っていた以上に格好良いと思ったりして.... そんな訳でして、一般公開初日に行ってまいりました。

 この日はアキバへ行き、その後にお台場へ向かった訳ですが、「ダイバーシティ東京プラザ」は多くの観客が集まっておりました。 「実物大ユニコーンガンダム立像」ですが、最大のウリは “可能な限り変形” させる事.... 通常のユニコーンモードからデストロイモードへ変形させる演出が行われます。 

 実物大ユニコーンガンダム立像の演出スケジュールですが、日中は11時から2時間に1回に変形の演出が行われます。 約1分の演出なのですが、17時まで4回開催。 そして、19時30分から30分毎にダイバーシティの壁面も使用した演出が行われます。 計5回の演出が行なわれますが、「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」は19:30と21:00の2回、「機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE“Cage”SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」は20:00と21:30の2回、「翔べ!ガンダム2017」は20:30の1回となっております。

 日中の演出は変形のギミックのみとなっておりますので、夜に行われた「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」を観る事にしましたが、観客が凄い状態..... 良い場所を取りたいとも思いますが、何時間も待っているのは疲れてしまいますので、ヴィーナスフォートへ向いトヨタの施設へ行ったりペットショップへ行ったりしておりました。 その内容は、また別の日に書こうと思います。

 19時が近づいてきましたので、ヴィーナスフォートから移動し19時前にダイバシティーへ戻りました。 
17092401.JPG
 日が落ちた現地ですが、「実物大ユニコーンガンダム立像」はこんな感じで経っております。 デストロイモードですよね、サイコフレームが赤く発光しております。 ユニコーンモードの形状が結構好きなのですが、こうやってデストロイモードを間近で観ると迫力がありますね~。 ユニコーンガンダムの周辺は多くの人が何重にも集まっており、私の手前までギッチリと詰まって追いました。

 30分チョット待っておりましたが、唐突にイベントが始まります。(別段、アナウンスがされる訳でもないですので、ここら辺は時計と睨めっこ) ダイバーシティーの壁面には音楽と共にアニメの場面が映し出され、劇中のセリフが会場内に響き渡ります。 スマホで動画を撮りながら、同時にスナップも撮っておりましたので、雰囲気をお伝えする為、ピンボケ気味の写真を載せさせてもらいます。

17092402.JPG
 開始早々、デストロイモードからユニコーンモードへ変形しスタートです。
17092403.JPG
 バナージの掛け声でユニコーンの装甲類が開き、ユニコーンからデストロイモードへ変形!! 周囲から色々な色のライトが照射され、ユニコーンガンダムを照らします。
17092404.JPG
 全体的に赤く照らされた感じが結構良いですね~、サイコフレームの発光と合わさり強さが出た感じです。
17092405.JPG
 サイコフレームの発光が、赤から白へ.... それに伴い、ユニコーンを照らすライトも赤から青へ替わっていきます。
17092406.JPG
 青のユニコーンに白い発光のサイコフレーム....
17092407.JPG
 そして、サイコフレームが再び赤く発光し始め....
17092408.JPG
 先程よりも明るめのライトで照射された、ユニコーンガンダム。 何かが発動した感じに見受けられます。
17092409.JPG
 色々なライトが照らされ、デストロイモードからユニコーンモードへ.... 元々の機体色が白一色なので、当たる色によって雰囲気が変わりますね~。
17092410.JPG
 「おお、色合いがザクみたいだ~」と思ったり....
17092411.JPG
 「青はグフだね、グフ」と勝手に脳内変換して楽しんでおりましたよ。 その後、再度ユニコーンモードからデストロイモードに変形をし、ライトの照射が繰り返されました。
17092412.JPG
 そして、いよいよクライマックス!! ユニコーンモードに戻り、全体が照らし出された訳ですが....
17092413.JPG
 ここからデストロイモードへ変形しつつ、サイコフレーム鮮やかなグリーンで発光!! おお、これは....
17092414.JPG
 会場から大歓声が上がり、そしてユニコーンは覚醒モードへ!! 細かいライトと映像、そして音楽の演出が最高潮に達し、私を含め観客も大いに盛り上がっていきます。
17092415.JPG
 覚醒モードでクライマックスとなり、「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」の演出は終わりを迎えました。 ユニコーンは通常のデストロイモードに戻り、会場からは大きな拍手贈られます。 5分チョットの演出なのですが、あっと言う間に過ぎ去ってしまいました。 ちなみに動画は下記の通り....

 途中、2分40秒辺りで一瞬だけ画面が乱れたのですが、原因は分からず.... スマホをブレさせた気は無かったんだけどな~。
17092416.JPG
 演出が終わり人々が離れた事で、ようやくユニコーンの背面へ行く事が出来ました。 ガンダムのランドセルの形状が好きなのですが、ユニコーンのランドセルも結構良いですね。 いや~背面下からの眺め、格好良い~。 
17092417.JPG
 「実物大ユニコーンガンダム立像」の側にあるはガンダムカフェ、いや~こちらもかなり混んでおりましたね。
17092418.JPG
 今回は「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」でしたが、「機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE “Cage” SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」と「翔べ! ガンダム 2017」が残っておりますので、近いうちに再訪出来れば良いな~と思います。 特に「翔べ! ガンダム 2017」、とっても気になる....
nice!(49)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

先日購入したザクヘッド、時間が出来たので組立ててみました [趣味]

 先々週末にアキバで入手したザクヘッド、正式には「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」と言います。

 バンダイが出しているガシャポンシリーズなのですが、「カプセルがそのままザクヘッドになる」がコンセプトの商品です。 一回500円、高めの価格設定ですが、発売直後から人気が高く、なかなか手に入らない状態でした。 

 期間的に入手不可とおもっておりましたが、アキバヘ行った際に駅構内のイベント広場で発見!! 2回だけチャレンジし、結果は2回共に「量産型ザク」でした.... まあ、入手できただけでも良かったですけどね。

 月末の忙しさもあり、なかなか組立てる事が出来ませんでしたが、今週は少し早めに帰宅できた事もあり組み立ててみました。

1706061.JPG
 保護フィルムで覆われておりますが、これが出てきた時の状態です。 今回のシリーズは量産型、シャア専用、黒い三連星仕様と三種類あります。
1706062.JPG
 外装がカプセル代わりになっておりますので、まん丸な形状ではありません。 「MS-06 ZAKUⅡ」のロゴが格好良いですね。
1706063.JPG
 分解した状態です~、しかし分解方法が分からない事もあり、チョット手間取りました。 外せる限り分解した状態ですが、少ないスペースにパーツが詰め込んであり、良く考えられております。 動力パイプの接続される部分などは内側に折り畳まれており、小さくするこだわりを感じました。
1706064.JPG
 説明書を読みながら、動力パイプやモノアイ部分などのパーツをパチパチと組立てていくと....
1706065.JPG
 あっと言う間に出来上がりました!! かなりの大きさですが、スケール的にはどれ位なのだろうか.... それと、カプセルレスとは言いつつも、三つほどパーツが余りました。 
1706066.JPG
 しかし、この完成度は素晴らしいです。 これだったら500円の価格設定も納得出来ますよね、もっと並んで購入しておくべきでした。
1706067.JPG
 一応、ハッチオープンとモノアイ可動のギミックが楽しめます。 プラモデルの感覚で考えると、パーティングラインなどを修正し、ウェザリングなどでディティールアップして楽しむのもアリだと思います。

 今回購入した「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」ですが、第二弾が出るみたいです。 ジョニー・ライデン専用機、シン・マツナガ専用機、黒い三連星(ガイア)専用機、そしてシークレットもあるみたいです。 シークレット、何だろうな~。 アンテナ付なので、ガルマ・ザビ専用機とか.... ドズル・ザビ専用機とか.... アナベル・ガトー専用機とか.... 今から妄想が膨らみますね。 
nice!(51)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

RGガンダムの修復、実際にはパーツ交換だけだったり.... [趣味]

 12月に入り、仕事もチョットだけ落ち着き、昨日は少し早めに帰る事が出来ました。

 最近はプラモデルの製作が続いており、その流れで破損したRGガンダムの修復を行う事にしました。

1612021.jpg
 ボッキリと折れた右足の内部フレーム、大腿骨骨折といった感じです。 昔であれば、折れた部分に真鍮線で補強して修理していたのですが、今回は部品ごと交換する事にしました。
1612022.jpg
 RGガンダムのコンセプトは「パーフェクトグレードを1/144スケールで....」との事ですので、小さいのに可動箇所が一杯。 なのでパーツ交換を選んだ次第です。
1612023.jpg
 以前、アキバの店舗でバラ売りされていたRGガンダムの脚パーツ。 修復の為に購入したのですが、ついに使う時がやってきましたよ....
1612024.jpg
 やることは簡単、破損した右足から....
1612025.jpg
 全てのパーツを外します。 
1612026.jpg
 膝の側面のシールも再利用します。 後は分解した手順の逆で組立てて行くのですが、右足の修復なのに左足のパーツで組もうとしておりました、そんな訳で再度分解。 右足のパーツを準備することに....
1612027.jpg
 無事に組立が終わり、久しぶりにRGガンダムを立たせる事が出来ました。

 平日に趣味に没頭する事が出来て、チョット嬉しいですね。

 今日はどこへ行こうか.... 近場を散歩かな。
nice!(34)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とりあえずザクの組立ては終了し、今年もボージョレ・ヌーヴォー飲みました~!! [趣味]

 久しぶりに製作しているプラモですが、組立ても終わりました。

 「素組み」なので、残りのシールを貼れば、完成です。 完成後にクリアーを吹くかどうか考え中.... 組立だと楽で良いのですが、やっぱり多少は色を塗ったりしたくなりますね。 

 とりあえず、立てる様になったサンダーボルト版ザク、どんな感じかと言いますと....
 1611151.JPG
 正面からはこんな感じ、写真を撮るスペースが無かったの箱を立てて撮影。 最近のモデルは、本当にプロポーションが良いですね。
1611152.JPG
 後姿はかなりのボリューム、バックパックの大きさが目立ちます。 大きなタンクのせいで、バランスが悪く、立たせるのが難しいです。
1611153.JPG
 武器も持たせてみました!! そのおかげで、立たせる事が出来ました....
1611154.JPG
 立たせた状態だと倒れそうなので、飾る為にベースを購入した方が良さそうです。

 今週は少し早い時間に帰る事が出来たので、コツコツと製作をしておりました。 しばらくは「素組」のみで何体か製作しようと思います。 溜まった物を作らなければ、新しい物が増やせないだけだったり....

 そんな感じで製作もひと段落し、翌日はノンビリと過ごしておりました。 気が付けば11月の第三木曜日.... 今年も「ボージョレ・ヌーヴォー」解禁の日でした。 帰りに寄り道し購入した訳ですが、余り売れていない感じですね。 
1611171.JPG
 今年は「ヴィニュロン デ ピエール ドレ ボジョレー・ヌーヴォー ラ ローズ プルプル 2016」を購入です。 生ハムとチーズ、クラッカーを準備し宴の開始です。

 説明によると『ボジョレー・ヌーヴォー唯一の公式コンテスト「トロフィ・リヨン」で2012年最高金賞を獲得。貴重な古樹から収穫されたぶどうを使用した凝縮感ある深い味わいが楽しめる。』との事.... 何だか良く分からないが、口当たりも良く飲みやすいワインでした。 飲んだ後の後味は少なく、その点は昨年飲んだ方が良かったかも.... でも美味しく飲めて、楽しい時間でした。

 気が付けば、既に金曜日だったり.... 今週末はチョットだけお出掛けの予定です~。
nice!(56)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感