So-net無料ブログ作成

今回の広島旅行、2日目の最後は入船山記念館の見学でした.... [日記]

 前回の続きとなりますが、先月訪問した広島では2日目が自由行動の日となっておりました。

 朝一から呉の「海上自衛隊 呉地方隊」の見学を行い、午後は江田島の「海上自衛隊 第1術科学校」へ向かった訳ですが、見学後は広島港へ移動する予定をしておりました。 そう思っておりましたが、家族から「入船山記念館も良いらしいよ」との話を聞き、呉に戻る予定に変更となりました。

 時計と睨めっこしながら予定を組み直しておりましたが、入館時間にも間に合いそうだと分かりました。 来た時と同じ船に乗り、呉へ.... 約20分の船旅ですが、無事に呉に到着!!
19051917.jpg
 次の場所へ向かう為、呉中央桟橋ターミナル内を移動していると.... アニメ作品である「この世界の片隅に」の顔だし看板がありました。 江田島だけではなく、呉にもあったのですね~。 
19051918.jpg
 今回は時間的に寄る事が出来ませんでしたが、「大和ミュージアム」では企画展として「海底に眠る軍艦 - 大和 と 武蔵 -」が開催中でした。 今回は入船山へ行く事に決めた為、ミュージアム前を通過しようと思っていると....
19051919.jpg
 ここにも漫画「ジパング」の顔だし看板が設置。 何やら顔だし看板を使用して企画物を行っているみたいですね。 そんな事を考えつつ、足早に移動です....
19051920.jpg
 目印にしていた「自衛隊広島地方協力本部呉地域事務所」ですが、現在では使用されていないらしく、目張りされた窓部分には近場の施設を紹介する看板がはめ込まれておりました。 ここから入船山記念館へは緩やかな坂道を登り続ける事になるのですが、歩道を眺めながら歩いていると....
19051921.jpg
 「昭和16年宿毛沖標柱管で全力公試中」と説明分が書かれた「戦艦大和」のマンホールがありました。 「凝ったマンホールだな~」と思いつつ、そのまま歩いていると....
19051922.jpg
 お次は「昭和17年連合艦隊旗艦」と書かれた「戦艦大和」のマンホールとなり....
19051923.jpg
 その次は「昭和18年」と書かれ「戦艦大和・武蔵」のマンホールに続きました。 「本当に凄いな~、大和と武蔵になったよ」と思いつつ、次は何かと進んで行くと....
19051924.jpg
 「竣工時 昭和16(1941)年12月」と書かれた上方から見た平面図のマンホールとなり....
19051925.jpg
 お次は「捷一号作戦 昭和19(1944年)10月」の上方から見た平面図のマンホールとなりました。 両舷副砲を撤去し、新たに高角砲6基と機銃を増設した状態になっております。 そして....
19051926.jpg
 最後のマンホールは「菊水一号作戦 昭和20(1945)年4月」の仕様になっております。 捷一号作戦時に比べ、機銃の数が更に増えました。 こうして、大和や武蔵のマンホールを眺めつつ歩いていると....
19051927.jpg
 「入船山記念館」に到着しました。 ここは旧呉鎮守府司令長官官舎があり、この日は長官の官舎を見る為に訪問した次第です。
19051928.jpg
 何と、この入船山記念館にも顔だしの看板が.... 何処にでも顔だし看板がありますね~。
19051929.jpg
 色々と思う事もありますが、まずは入館すべく券売所へ向かいます。 最終が16時30分までとなっており、時計を確認すると.... おっと、急がないと!! ちなみに、この時計台は「旧海軍工廠塔時計」であり、国産初の電動親子式衝動時計と言われているそうです。
19051930.jpg
 無事に発券所にてチケットを購入し、国の重要文化財に指定された官舎へ向かいます。
19051931.jpg
 発券所から少し歩き、目の前に官舎が現れますが、こちらが建物の正面となります。 官舎は木造平屋建で造られており、手前側は洋館となっております。
19051932.jpg
 建築の事は良く分かりませんが、ギリス風半木骨造の建てられているとの事です。 そして、そのまま奥に進むと....
19051933.jpg
 長官の住居部としての和館となります。 この和館に入口があり、建物内の見学を行えます。
19051934.jpg
 順路に従い、まずは洋館側へ移動となりますが、クラシックホテルの様な内装ですね。 
19051935.jpg
 部屋としては執務室や応接室、そして大きな食堂がありました。 ピンボケ写真になってしまい、載せられないのが残念でなりません。 そして和館部分へ移動すると....
19051936.jpg
 シンプルな造りなのですが、とても広くホッと出来る感じです。 
19051937.jpg
 夏休みの行く田舎の家の様な部屋、これがが良いですよね。 朝から色々と移動してばかりでしたので、こんなに広い畳の部屋を見ると大の字になって寝たくなります....
19051938.jpg
 一通り内部の見学も終わり外へでましたが、これだけ大きい家だと家周りの掃除も大変だった事と思います。 官舎の見学も終わり、次に向かったのは....
19051939.jpg
 すぐ横にある「歴史民俗資料館」に寄りました。 ここでも色々な企画展が開催されており....
19051940.jpg
 「軍服展 入船山記念館所蔵資料からみる海軍の軍服」と「鎮守府司令長官の住まい ~横須賀・呉・佐世保・舞鶴~」の展示が行われておりました。 閉館時間ギリギリだったこともありますが、見学者は私一人でしたので、じっくり見学させて頂きました。(時間に追われておりましたけどね....)

※軍服展の写真を入れ忘れておりましたので、追記します。
190519460.jpg
 明治3年に「海軍服制」が制定され、当時の軍服についての説明から始まり....
19051946.jpg
 その後、軍服についての改定を繰り返す説明となり....
19051947.jpg
 明治16年の「着軍服制」の改正後に「海軍服装規定」が制定されました。
19051948.jpg
 明治から昭和まで、どのようにして海軍の服装が変わって行ったのかが良く分かりました。
19051941.jpg
 その後、郷土館の見学もサラッと終え、入口へ戻りつつ「一号館」名づけられた建物を見学です。
19051942.jpg
 この一号館ですが、元は呉要塞の一つであった「高烏砲台」の火薬庫として造られた建物を移築したとの事です。 総石造りであり、円アーチで仕上げられた出入口は珍しいとの事です。
19051943.jpg
 最後ですが、入船山記念館で最初に目に入る建物.... こちらの建物は何かと言いますと....
19051944.jpg
 移築された「旧東郷家離れ」となります。 連合艦隊司令長官であった東郷平八郎が呉に住んでいた住居の離れとなりますが、母屋は明治の火事で焼失しているとの事で、この離れのみ現存しているとの事でした。
19051945.jpg
 「旧東郷家離れ」の側には「呉市立美術館」がありますが、時間的に寄る事は出来ませんでした。 喫煙所が設置されておりましたので、休憩しつつ一服し2日目の見学は全て終了となりました。
19051946.jpg
 入船山記念館から駅へ向かいながら、この日の事を思い出しておりましたが.... 結構、濃い内だったと後から実感。 もう少し余裕を持って動ければ良かったのですが、次に来るのがいつになるか分からないですので、朝からドタバタと動き回っておりました。

 しかし.... ホテルで朝食を食べた後は水分を数回補給したのみでしたので、気が抜けた瞬間にお腹が鳴って鳴ってしょうがなかったですね。 



nice!(73)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 73

コメント 14

tsun

ホント、呉は「海軍さん」の街なんですね。
当初の対艦隊から、対飛行機への兵装の変遷が劇的です。
by tsun (2019-06-10 10:06) 

MINERVA

tsun さん
何度か足を運んで実感ですが、呉は軍港の面影が色濃く残っておりますね。
関東だと横須賀がありますが、やはり似たような雰囲気がありますよ。 祖父も横須賀から始まり、佐世保・舞鶴・呉にも行っておりましたので、いつかは舞鶴と佐世保にも行ってみたいと思っております。
そして、対艦から対空へ移行する大和の兵装、マンホールとは言え見入ってしまいました.... 
by MINERVA (2019-06-10 12:40) 

JUNKO

一度呉に行ってみたいです。
by JUNKO (2019-06-10 16:49) 

ロートレー

以前、江田島に行く途中に呉を通りましたが、実は見所が沢山あったんですね~
下調べが足りなかったです~残念!
by ロートレー (2019-06-10 18:16) 

MINERVA

JUNKO さん
今でも当時の建物が残っており、懐かし雰囲気のある町だと思います。
広島へ行かれる事がありましたら、少し足を伸ばして呉へ寄ってみて下さい。
by MINERVA (2019-06-10 19:47) 

MINERVA

ロートレー さん
旧海軍兵学校がある江田島の知名度は大きいですが、呉は軍港として栄えてきましたので、今でも色々な施設が残っております。
海上自衛隊が使用してる施設もそうですが、元が軍艦を建造していた場所だけに今でも民間企業として造船が盛んです。
来訪する機会がありましたら、是非とも呉にも寄ってみて下さい。
by MINERVA (2019-06-10 19:53) 

響

凄く深いところまで観光されてますね。
すずさんと記念撮影したいです。
by (2019-06-11 10:35) 

MINERVA

響 さん
そうなんですよ、今回は午前と午後で一カ所ずつの予定でしたが、せっかく訪れた呉ですので、入船山の司令長官官舎にも寄って見ました。
フェリー乗り場に顔だし看板が設置されておりますが、呉の至る所で「この世界の片隅に」の案内が出ておりました。 もう一日あれば、作品の世界を巡ってみたかったです。
by MINERVA (2019-06-11 12:48) 

ぼんぼちぼちぼち

軍服展、面白そうでやすね。
軍服って、美しいデザインが多いでやすよね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-06-11 19:46) 

MINERVA

ぼんぼちぼちぼち さん
軍服展、海軍の軍服についての歴史がわかり、とても良かったです。
ブログを書いた際に本文に入れ忘れており、追記しました。
説明のボードのみですが、スマホのカメラ設定がうっかりへんこうしてしまい、実際の軍服はピンボケだらけでした....
by MINERVA (2019-06-12 10:03) 

raomelon

大和や武蔵のマンホール、凄いですね
これだけでもテンション上がりそう^^
官舎の見学や軍服展、充実の一日になりましたね^^
by raomelon (2019-06-12 12:35) 

MINERVA

raomelon さん
入船山記念館へ向かう上り坂でしたが、何気なく下を見たらマンホールに大和が描かれており、「何だ???」と思いながらも歩き続けると、次々にマンホールが現れ驚きました!!
この日は朝から夕方まで移動しっぱなしでしたが、本当に充実した一日を過ごす事が出来ました。
by MINERVA (2019-06-12 14:46) 

あおたけ

戦艦や軍艦には詳しくない私でも
戦艦大和の名は知っています(^^)
いろいろな種類のマンホールが凝っていて、
カッコイイですね!
訪れた入船山記念館は瀟洒な洋館
・・・かと思ったら、
奥の居住部は和風の館なのですね。
和洋折衷の造りが面白いです(^^)

by あおたけ (2019-06-12 18:13) 

MINERVA

あおたけ さん
そうですよね、大和と武蔵の名は有名すぎる位ですので、世界的にも認知されていると思います。
大和は呉で建造された経緯もあり、マンホールの絵柄になったのだと思います。
呉の長官が使用していた官舎ですが、要人の来訪もあり洋館スタイルになっているとの事でした。
その奥に続く日本家屋は本当に古い造りで、懐かしさを思い出させますね。
by MINERVA (2019-06-14 12:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。