So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

JR東日本「機動戦士ガンダムスタンプラリー 行きまーす!」に参加しました!! 【その2】 [日記]

 前回の記事からの続きとなりますが、【その2】では下記のルートを書くことになります。

 念の為、公式HP → http://www.jreast.co.jp/gr2018/

 前回の記事 → JR東日本「機動戦士ガンダムスタンプラリー 行きまーす!」に参加しました!! 【その1】
 ※タイトルをクリックすると、記事に飛びます。

 また読みにくいのですが、パネルの文章が気になる方は写画像をクリックして頂ければ大きめの画像で観られます。

 ②続きで千駄ヶ谷から東京駅へのルート(中央線・総武線)、③先に取手駅へ向かい、取手駅から日暮里までのルート (常磐線)※途中、松戸駅から南流山駅へ向う(武蔵野線)、それ以降となりますが、やはり計画通りには進まず、途中からルートが変わる事なりました。

 大久保から移動し、次に向った先は....
17 千駄ヶ谷駅.JPG
 千駄ヶ谷駅に到着、この駅はジオン軍の水陸両用モビルスーツ「アッガイ」です。 シャアの乗るズゴックと共にジャブローへ浸入。 施設に入るのが嫌で逃げ出したカツ、レツ、キッカの三人が隠れたアッガイの上を飛び越えるのは有名なシーンですよね。 ジャブローに潜入したシャア達ですが、地球連邦軍の量産型モビルスーツ「ジム」の生産工場の爆破を試みるも、逃げたカツ、レツ、キッカ達に爆弾を外され作戦は失敗。 更に連邦の兵士にも潜入がばれた為、逃げる事に....その時にシャアとセイラが遭遇するシーンとなりますね。 ジャブローから逃げる為、モビルスーツに乗り込むシャア達でしたが、追撃にきたガンダムに部下のアッガイが撃破されシャアがパネルのセリフ「ええい・・・・アカハナが!」と呟きます。 潜入用だから弱い機体とは思えず、アムロのパイロット能力が向上している事を感じさせるシーンでした。 さて、次へ向います....
18 信濃町駅.JPG
 お隣の信濃町駅に到着、この駅はジオン公国の公王である「デギン・ソド・ザビ」です。 ジオン・ダイクンとは盟友関係でしたが、意見の相違により徐々に関係は悪化。 そしてダイクン暗殺に繋がる訳ですが、ダイクン亡き後、自身への批判をかわす為に国の名前に「ジオン」の名称を使用するしたたかさもありました。 公国制となり、地球連邦軍との戦闘となりますが、ガルマの死をきっかけに和平の方向へ傾きつつあるデギン。 長男ギレンの強引なやり方も気に入らず、「ヒットラーの尻尾」とまで言い放ちました。 もはや父親ですら目障りな存在となっていたギレンは自分の考えを展開、そんな会話の中でパネルのセリフである「言い草はいろいろとあるものよ....」ですよね。 連邦との和平交渉の為、グレート・デギンで出航。 そしてギレンの放ったソーラ・レイにて命を落としました.... TV版のデギン、永井一郎さんの声の方がしっくりくるかな.... 都心部は電車が多くて楽ですね、では次の駅へ....
19 四ツ谷駅-1.JPG
 四ツ谷駅に到着、この駅は連邦軍のRXシリーズのコックピットとなる戦闘機「コア・ファイター」です。 RXシリーズはこのコア・ファイターを中心にA・Bのパーツが挟み込む形で構成され、モビルスーツとなります。 戦闘機の状態から変形しコアブロックとなりドッキングするシーンも多かったですね。 戦闘機としての能力も能力は高く、機銃とミサイルを装備。 TV版では後期にGファイターが投入された為、単体での登場は少なくなりますが、劇場版ではGファイターに変わりコア・ブースターが登場。 スポンサーの意向を考えなくても良くなった為、変更されましたね。 実際、全く新しい機体を導入するよりも、既存の期待に追加の方が開発の進みも早いですからね.... そして、コア・ファイター最大の見せ場がアムロが残されたア・バオア・クーからの脱出のシーンですね。 シャアとの決闘の後、爆風で流されながら、自分はこのまま死ぬのか(ララァの所へいくのか)と考えた時、半壊したガンダムを発見。  助かる希望を見つけたアムロ、そしてパネルにあるセリフ....
19 四ツ谷駅-2.JPG
 となりますよね。 Aパーツを強制射出しコックピットに乗り込むアムロ、ララァとのやり取りの後、ホワイトベースのクルー達に脱出を促します。 クルーが脱出後、ホワイトベースは派手に爆沈!! スペース・ランチにアムロが居ない事が判明し、誰もが諦めたその時、ア・バオア・クーの一部で起こった爆発と共に現れた機体は.... アムロが乗ったコア・ファイターでした。 アムロの脱出を手助けしたカツ、レツ、キッカの三人、子供達が次世代のニュータイプだと感じさせつつ、カウントダウンと共に現れたコア・ファイターも良いシーンだったと思いますよ。 さあ、次だ!!
20 市ヶ谷駅.JPG
 市ヶ谷駅に到着、この駅はジオン軍のモビルアーマー「アッザム」です。 モビルアーマーの試作機ですが、巨大な姿から移動要塞を連想しますね。 ミノフスキークラフトで地球の重力下でも飛行する事が出来、必殺のアッザムリーダでガンダムを苦しめます。(簡単に言うと電子レンジ状態) その時、マ・クベがパネルのセリフ「上を取ったぞ! リーダー発射!!」となりました。 苦しめつつもガンダムの反撃に遭い、マ・クベとキシリアは逃げ帰る展開でした。 試作機にキシリア自ら乗り込むなんて.... 通常じゃ考えられませんよね。 私としては、「タイムボカンチックな話だったな~」です。 よし、次の駅へ....
21 飯田橋駅.JPG
 飯田橋駅へ到着、この駅はホワイトベースのクルーで「マーカー・クラン」です。 相棒のオスカー・ダブリンと共にサイド7で生き残った正規クルーの1人ですね。 パネルのセリフはコンペイトウ(占領前はソロモン)でララァのエルメスが駐留している艦艇やモビルスーツに攻撃を仕掛けている場面ですね、 ブライトからの問いかけに「見当たりません! どのみちミノフスキー粒子がえらく濃いので、敵影をキャッチできません!」と回答しております。 ミノフスキー粒子.... 架空のミノフスキー物理学の応用との事なのですが、富野監督監督から取ったのが有名な話ですね。 「富野監督が好き」 → 「トミノ・スキ」 → 「ミノフスキー」となったみたいですし、その他にも作中に登場する色々な名称、結構やっつけの名前がありますね~。 「トリアエーズ」とか.... 気を取り直し、次の駅へ向います....
22 水道橋駅.JPG
 次の水道橋駅に到着、この駅はジオン軍のニュータイプ用モビルスーツ「ジオング」です。  パネルのセリフはジオングに乗ったシャアが、ア・バオア・クーの全域からガンダムを感じ取った際、「見えるぞ・・・・私にも敵が見える!」の場面です。 このジオング、赤い彗星のシャアが一年戦争で搭乗した最後の機体となります。 それまでブラウ・ブロやエルメスに搭載されたいたサイコミュ・システムを搭載したモビルスーツとなりますが、そのシステムを搭載するため大型化しております。 コックピットは頭部となっており、アムロがジオングの胸を撃った際には「違うか」と語り、直後にガンダムの頭部が破壊されますね。 ア・バオア・クーの内部に入り、有名なラストシューティングのシーンに繋がります。 完成度80%の機体との事ですが、言われた整備士は「80% !? 冗談じゃありません! 現状でジオングの性能は100パーセント出せます!」と切れ気味に回答。 シャアに「足がついていない」と言われれば、「あんなの飾りです。偉い人には、それがわからんのですよ。」と飽きれた様子で回答しております。 この夫婦漫才っぽい掛け合いも、有名なシーンですよね。 さて、次へ....
23 御茶ノ水駅.JPG
 御茶ノ水駅に到着、この駅はホワイトベースのクルーである「ハヤト・コバヤシ」です。 アムロやカイと同じく、サイド7で避難し軍属に編入された訳ですが、主にガンダンクのパイロットです。 当初からカイにからかわれる事が多く、ガンタンクの操縦が頭部のみで行えるようになった際、カイから「ようハヤト、大丈夫?」と嫌みったらしく聞かれ、パネルのセリフ「カイさんだって一人でやっているんでしょ? できますよ!」と声を大きくして返しております。 父親が軍属のアムロが引っ越してきた事で、家を立ち退かされたハヤト。 アムロに対しても好意を持っていなかったハヤトですが、活躍するアムロに対して「勝ちたい」と思っており、ソロモンで負傷した際にはフラウ・ボウに本音を語っておりました。 そんな事もあり、ハヤトはフラウの心を掴み、後の作品では結婚し夫婦となっておりました。 まあフラウとしたら、アムロが高く遠いところへ行ってしまい、自分では手の届かない存在になってしまったからだと思いますけどね。 そう、ハヤトの事ですが、日系人らしく柔道が得意です。 お次の駅へ移動....
24 神田駅-1.JPG
 神田駅に到着、この駅は地球連邦の技術士官であり、アムロの父親「テム・レイ」です。 アムロの母でもある妻のカマリア・レイとは宇宙へ向かう際に別れたと思われる。 サイド7にてRXシリーズの運用テストを行う予定が、ジーン達に急襲され多くの機体が破壊。 息子であるアムロが搭乗している事を知らず、パイロットに悪態をつくシーンもありますね。 そんなテム・レイですが、アムロがジーンのザクを撃破した際、コロニーに空いた穴から吸い出され漂流するはめになり.... それにより酸素欠乏症となり、辿り着いたサイド6のジャンク屋に住み込む事になりました。 偶然再会したアムロとテム、息子がガンダムのパイロットと知ると自身が組立てた「回路」を手渡す訳ですが、アムロの「こんな古い物」といった代物。 父の変わり果てた姿に涙するアムロ、最後は研究に没頭する後ろ姿に別れの言葉をかけ、サイド6を後にしました。 コンスコンの艦隊との戦闘をTVで観戦、勝利した地球連邦に喜び、ジャンク屋の2階から転落で死亡したと思われております。 さて、次へ向いますが、次の駅へは....
24 神田駅-2.JPG
 徒歩で行きました。 前回のウルトラマンスタンプラリーでは逆でしたが、今回は神田から歩き....
25 新日本橋駅-1.JPG
 しばらくして新日本橋駅に到着しました!!
25 新日本橋駅-2.JPG
 この駅はホワイトベースに逃げた戦災孤児「カツ、レツ、キッカ」の三人です。 ジオンの攻撃で家族を奪われた三人、クルー達から愛されており、ジャブローで降ろされそうになった時には、クルー達との絆の強さをカイが保育官に力説、体験した事をストレートに投げつけますよ。 カイは「うちのチビ達はねぇ、そんじょそこらのとはちと違うのよ。 今まで何度も何度もドンパチの中、俺達と一緒に潜り抜けて戦ってきたんだぜ。 大人のアンタにだって想像のつかない地獄をね、このちっこい目でしっかり見てきたんだよ! 分かって? 俺達と離れたくないんだよ。な?」と言い放ち、三人に見つめられた保育官はホワイトベースから降ろさない事を決め三人はクルー達と共に宇宙へ戻る事に.... この時のカイのセリフ、グッときます。 そんな愛される三人ですが、ア・バオア・クーから脱出し、スペース・ランチにアムロが居ない事でクルー達が探し回る中、アムロの声が聞こえた三人.... そしてパネルにもあるセリフになりますが、キッカ「そう、チョイ右!」レツ「そう右!」カツ「はい、そこでまっすぐ!」と言い、誰もがアムロだと気付く.... そして三人が「ヨン、サン、ニ、イチ、ゼロ!!」とカウントダウンでアムロがア・バオア・クーから脱出。 TV版はこんな感じでして、劇場版の場合には、もう少し溜めが入りますよね。 感動のラストシーンです。 さあ、次へ行こう....
26 東京駅-1.JPG
 東京駅に到着ですが、新日本橋駅から総武本線(総武線の快速)で東京駅へ向ったのですが、電車が来ないのなんのって.... 神田へ戻ればよかった感じでした。 気を取り直し、この駅は....
26 東京駅-2.JPG
 ホワイトベースの胃袋を支える料理長「タムラ」です。 少ない物資の中でやりくりをしておりますが、ジオンの攻撃が倉庫を直撃。 それにより塩が足りなくなったとの事ですが、ブライトが敵の部隊がいる為に入手は無理と言うと.... パネルのセリフ「塩がないと戦力に影響するぞ!!」と凄い剣幕。 でもね、最初にタムラ料理用が「私の不注意で....」と言っているんだけどな~。 まあ、塩湖に辿り着き、事無きを得ました。 サイド6では大きな紙袋を抱え買物をしているシーンがありますが、どう考えてもクルー全員の分とは思えなかったり.... さて、次の駅は....
27 取手駅-1.JPG
 東京駅から上野東京ライン(常磐線)特別快速に飛び乗り、長らく揺られていると....
27 取手駅-2.JPG
 取手駅に到着、この駅はホワイトベースのクルーである「ジョブ・ジョン」です。 ホワイトベースではリュウと同じくパイロット候補生、しかしモビルスーツに乗る機会は少ないんですよね。 ガンペリーだったり、機銃や捕虜の監視だったり.... 全然パイロットらしくない!! そんなジョブ・ジョンですが、パネルのセリフはTV版で敵討ちの為にハモンが攻撃を仕掛けてきた際、故障で動かないガンタンクの操縦はジョブ・ジョンが行なっておりました。 リュウの鬼気迫る言葉に操縦を代わったのですが、天王洲アイル駅でも書いた様にリュウは特攻し戦死。 悲しみに打ちひしがれている中、パネルにあるセリフにもある「ぼ、僕が殺したも同じです。 僕が代わらなければリュウさんだって・・・・リュウさんだって死なないで・・・・」と語ります。 劇場版ですとアムロがハヤトを殴りリュウを止めなかった事を攻めますが、TV版ではブライトを含め、全員がリュウに対しての思いを語っております。 この場面もTV版の方が良いな~、リュウが特攻した事を知ったアムロが「リュウさんが? うっ、嘘ですよ・・・・リュウさん、怪我してて戦いに出られる訳ないでしょう・・・・いっ、嫌だなぁ、セイラさん」と言うのですが、誰もが重症であるリュウを知っているだけに、またリュウならばやるだろうと思っているだけに、受け入れたくない心情が表れていると思います。 TV版の方が時間があるだけに濃い演出でした。 ちなみに、パネルのジョブ・ジョンですが、ミハルと連絡を取るべくホワイトベースに潜入したフラナガン・ブーンがトイレに行く時に場面ですね。 民間人を装うブーンに対し、きつく命令するジョブ・ジョン、その直後に「ま、珍しいんだろうけどさ」と語った時の顔ですね。 ガンダムの謎の1つにジョブ・ジョンっぽい金髪の美青年が一瞬だけ登場し、「あれは誰だ、ジョブ・ジョンなのか!?」とざわついた事がありました。 さあ、次の駅へ....
28 我孫子-1.JPG
 我孫子駅に到着、この駅はホワイトベースの艦長となる「ブライト・ノア」です。 サイド7でジオン軍の襲撃の影響で正規のクルーの多くを失い、負傷したパオロ艦長の代理としてホワイトベースを仕切る事になりました。 軍人と言えども、まだまだ新米の士官候補生であるブライト、彼も戦いの中で成長を遂げていきます。 パネルのセリフですが、アムロは戦いが怖く、またしっかり休む事が出来ない為、出撃拒否!! そしてブライトがアムロを殴る有名なシーンとなり、アムロとのやりとりの中で「それが甘ったれなんだ! 殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!!」となる訳です。 現代であれば、放送コードに引っ掛かるのかもしれませんが、私の子供時代は先生に拳骨を食らう事はしばしば.... 「体罰はダメ」は分からんでもないのですが、うちの場合は祖父が厳しかったので鉄拳制裁はまれにありました。 話は戻り、最後にブライトから「俺はブリッジに行く。アムロ、今のままだったら貴様は虫ケラだ! それだけの才能があれば貴様はシャアを越えられる奴だと思っていた。残念だよ!!」と言い部屋を出て行きました。 そして自分の甘い考えを払拭し戦いに向かうアムロ.... 新しい戦術として重力下での大ジャンプでガンダムは空中戦を展開するまでになります。 驚くフラウに対しブライトは「ああ、あいつの良い所だ。 塞ぎ込んでいても、戦いのことを忘れちゃいなかった」と話します。 若くして艦長となったブライト、ガンダムシリーズでは長きに渡り活躍するキャラとなりますね。 普段は白目が無いブライト.... 白目があった時の顔は逆に怖かった.... 朝から電車に乗り継ぎやって来た我孫子駅、前回同様に遅いお昼を食べました。 それは....
28 我孫子-2.JPG
 我孫子駅内で立ち食いそば・うどんを営業している「弥生軒」へ行き、名物「唐揚げそば(1個入り)」を注文しました。 前回は2個入りを注文し、その大きさに驚いた訳ですが、今回は1個にしました。 しかし.... 何か長く大きい.... 乗り込む電車の時間もあり、急いで食べました。 いや~お腹が空いていたので、大満足でした!! 食後の休みも無く、次の駅に向います....
29 柏-1.JPG
 柏駅に到着、この駅はジオン軍の巨大モビルアーマー「ビグザム」です。 ドズルがソロモンへの戦力補強をギレンに出した答え、それがビグザムを送る事。 確かに火力も強く、地球連邦の艦隊を撃破する強さはありますが、所詮は1機のモビルアーマー.... スレッガーの特攻とアムロの攻撃でビグザムは損傷.... 
29 柏-2.JPG
 もはやこれまでとなったドズルは銃を手に持ち、ガンダムに向け撃ちながらパネルのセリフである「ジオンの栄光! この俺のプライド! やらせはせん! やらせはせん! やらせはせんぞー!」と叫び、ビグザムの爆発に巻き込まれ戦士しました。 ジオン軍の武将の中では一番軍人らしい人物でした。 では次の駅へ....
30 新松戸駅.JPG
 新松戸駅に到着、この駅はザビ家の三男である「ドズル・ザビ」です。 先程の柏駅と繋がりますが、ジオン軍の宇宙攻撃軍司令官としてソロモンに着任しており、地球連邦軍の攻撃に耐えながらも武力に押され、ビグザムで最後の出撃となりました。 ギレンからビグザムを送った事を言われた返事として、パネルのセリフ「戦いは数だよ兄貴!」と反論してみせました。 そんなドズルですが弟のガルマを溺愛し、ガルマの戦死を知り家族が集まった時には 「しかし、あやつこそ、俺さえも使いこなしてくれる将軍にもなろうと、楽しみにしておったものを・・・・」と落胆しておりました。 またドズルは唯一の妻帯者であり、娘のミネバ・ザビは以降の作品で何度か登場する事になります。
30 新松戸駅-1.JPG
 新松戸駅にて武蔵野線に乗り換え向かった先は....
31 南流山駅.JPG
 南流山駅に到着、この駅はホワイトベースのクルーである「カイ・シデン」です。 アムロやハヤトと同じくサイド7の攻撃から避難し軍属となります。 主にガンキャノンのパイロットですが、ガンタンクやガンペリーなどにも搭乗しており、アムロに次いで活躍をしております。 元々の性格がひねくれ物であり、セイラに「軟弱者」と張り手を食らうシーンは有名ですね。 TV版ではブライトにも殴られたりしておりましたが、ベルファストで女スパイであるミハルと出会った頃から変わり始めました。 半舷上陸の名目で船を降りますが、基地が襲撃されている姿を眺めつつ、パネルのセリフ「本当・・・・軟弱者かもね」と呟きます。 しかし、仲間が襲われている状況に我慢が出来ず、基地に戻りガンタンクで出撃となりました。 スパイとして乗り込んだミハルとの死別はカイの心を大きく成長させたと思います。 それが、ジャブローでのカツ、レツ、キッカの件にも現れておりますね。 さて、新松戸駅へ戻り、次の駅へ....
32 松戸駅.JPG
 松戸駅に到着、この駅はジオン軍の水陸両用モビルスーツ「ゾック」です。 他のモビルスーツとの違いとしては、運動性能を全く考えていない機体の為、前後対象の形状となっており、前後に書く4門の目が粒子砲を装備しております。 強力な装備を搭載させた為、サイズと重量が増大。 また索敵能力も高いと思われ、ジャブローの秘密基地が発見された際には、「見つけたぞ、ジャブローの入り口だ! この金属反応がなけりゃ、見過ごしていた所だ!!」とパイロットのボラスキニフが話しております。 水中での動きに関しては良い方なのですが、リ上では機動力の無さが響き、ガンダムに撃破されてしました。 よし、次の駅へ....
33 金町駅.JPG
 金町駅に到着、この駅はジオン軍のモビルスーツ「ギャン」です。 マ・クベがパイロットとして搭乗しており、パネルのセリフ「ギャンは私用に開発して頂いたモビルスーツだ」と語っております。 テキサスコロニーでガンダムと戦い、撃破された訳ですが、TV版の放送時では確かにマ・クベ専用と言われておりました。 その後、設定が色々と変わり、ゲルググとの採用競争に敗れた試作モビルスーツに変更。 確かに、パネルの説明の通りで、1機だけの試作モビルスーツであれば、専用と言っても良いですからね~。 では、次の駅へ....
34 亀有駅.JPG
 亀有駅に到着、この駅はジオン軍の水陸両用モビルスーツをチューンした「シャア専用ズゴック」です。 ジオン軍の水陸両用モビルスーツの中では一番バランスが良く、またシャア専用として通常の機体よりも性能が上げてあります。 ジャブローへ潜入した際に搭乗しておりましたが、出番はこれだけ.... パイロットとして腕を上げたアムロと戦いの中で、ウッディ大尉がファンファンで攻撃を試みます。 ファンファンが放ったミサイルがモノアイに命中しますが、シャアは反撃しファンファンのコックピットを叩き潰しました。 その攻撃を受けた際にパネルにある「冗談ではない!!」と叫びます。 ガンダムとの戦いでも苦戦し、ビームサーベルで片腕を切り落とされまう程です。 最後は地底湖の存在に気付いたシャア、洞窟の天井を打ち落盤の間に逃げ切ることに成功します。 ジャブローでのシャア、実戦配備されたばかりのジムを巨大なツメで突くシーンは有名ですね。 ジオラマで再現されることもしばしば.... それでは、次の駅へ....
35 北千住駅.JPG
 北千住駅に到着、この駅はジオン軍のモビルスーツチューンした「シャア専用ゲルググ」です。 一年戦争も末期に入ってから実戦配備されたゲルググですが、地球連邦軍の圧倒的な物量の前には大きな戦果を上げる事が出来ない状況でした。 ゲルググ投入に対しシャア専用も準備され、テキサスコロニーでの戦いで登場。 その後、ガンダムとエルメスの戦いの中でアムロとララァがニュータイプとして意識の融合をした訳ですが、その事が非常に許せないシャアは、パネルのセリフ「ララァ! やつとの戯言はやめろ!!」と叫び二人の間に割り込みました。 その後、TV版ではGファイター、劇場版ではコア・ブースターを攻撃しようとするシャア、しかしパイロットが妹のアルテイシアと知り、躊躇。 その隙にガンダムに腕を切られ覚悟を決めましたが、ララァがシャアのゲルググに体当たりしエルメスのコックピットにビームサーベルが刺さりララァが犠牲となりました。 ゲルググの性能自体は決して悪くは無く、ジオン初のビームライフルやビームナギナタ等を装備しております。 では、次の駅へ....
36 南千住駅.JPG
 南千住駅に到着、この駅はジオン軍の宇宙軍の少将である「コンスコン」です。 サイド6周辺でホワイトベースと戦闘となりますが、TV版では2回、劇場版では1回となります。 ドズルの命令により出撃した訳ですが、サイド6を基点として戦闘が行われました。 パネルのセリフは送り込んだモビルスーツが全滅した事を聞き「全滅!? 12機のリック・ドムが全滅!! 3分も経たずにか!? 」と驚き、「「きっ、傷ついた戦艦一隻にリック・ドムが12機も!? ばっ、化け物か!!」と語りました。 TV版では浮きドックで修理を行おうと出航した際であり、劇場版ではサイド6を出航した際の戦闘となります。 アムロのパイロットとしての凄さが良く分かりますね。 さて、次の駅へ....
37 三河島駅-1.JPG
 三河島駅に到着、この駅はアムロの母親である「カマリア・レイ」です。 夫の宇宙への赴任を嫌がり、1人地球に残る事になったのですが、軍人となって地球へ戻ってきたアムロに驚愕してしまう。 ジオンの支配地域での再会となった訳ですが、不明機の捜査の為に難民キャンプに訪れたジオン兵に対しアムロは発砲!! 優しい性格だった息子に戻って欲しいと願う母との会話、アムロの「今は、戦争なんだ」と言いながらジオンのパトロール機を追う姿にを目で追いながら、パネルのセリフ「なんて情けない子だろう!!」と叫びます。 しかしね~、私としては宇宙へ行く事を拒否しており、父に手を引かれ家をでるアムロの回想シーンを観る限り.... こっちの方が酷いと思うんですけどね.... TV版、劇場版共にアムロにホワイトベースから降りるよう考えさせるシーンがありますが、母に敬礼しホワイトベースへ戻りました。 そりゃあ、そうだよな.... 次の駅へ向かう為、ホームを歩いていると....
37 三河島駅-2.JPG
 何とも疲れた感じのカマリアで作られた案内板がありました.... チョット悪意があるかも。 それでは、次の駅へ....
38 日暮里駅-1.JPG
 お隣である日暮里駅に到着、この駅はジオン軍のモビルアーマー「エルメス」です。 えっ、名前が違うって!? 「ララァ・スン専用モビルアーマー」となっておりますが、元々の名前は「エルメス」です。 まあ、某ブランドと同じ名前なので、途中から名称を変更になりましたよ.... でも、TV版のタイトルや劇中では「エルメス」と普通に言っております。 そんなエスメスですが、ニュータイプ専用に開発され、サイコミュ・システムを搭載しております。 ジャリア・ブルのブラウ・ブロに続き投入されたモビルアーマーですが、ララァ・スンがパイロットとなり、ソロモン空域で活動を開始。 サイコミュ・システムを使用し、ビットを遠隔操作して敵に攻撃を掛ける戦法ですが、その間は攻撃の為に集中する事が必要となり、シャアが護衛に付く形となっております。 地球連邦軍内では、何の予兆もなく突然「ララ....」と聞こえ、知らない内に攻撃を受けている事と、目撃情報からチューリップかとんがり帽子の様な形状だったことのみ.... パネルのセリフはエルメスとの戦いの中で、エルメスのビットに対しアムロが「とんがり帽子の付録か!?」と語っている場面です。 ララァとの戦闘で急速にシュータイプへの覚醒が進んだアムロ、エルメスの攻撃をことごとく破る訳ですね。 ガンダムとの戦いの中でニュータイプとしての意識の融合をしたララァですが、シャアを守る為にガンダムに討たれ戦死。 シャアとアムロに大きな傷を残す事となり、シリーズを通じてアムロ、シャア、ララァの三角関係が続きます。 エルメスか.... 当時のプラモだったら、えらい値が付くんだろうな~。 さて次に向います....
38 日暮里駅-2.JPG
 駅構内へ向かう途中、「都区内フリーパス」の案内がありました。 お手製のポスターだと思いますが、「やるな、日暮里駅!!」と言いたいですね。
38 日暮里駅-3.JPG
 さて、久しぶりに馴染みの路線に戻りました。 次の駅は....
39 鶯谷駅.JPG
 鶯谷駅に到着、この駅は地球連邦軍の輸送機である「ミデア」です。 大型のコンテナを抱え込む形で搭載し、補給物資や機体関係、人員の輸送などが行えます。 作中ではマチルダ率いる補給部隊が度々登場し、難民の引き取りや武器関係、食料等を補給する場面が出てきます。 TV版ではGファイター、劇場版ではコア・ブースターを搬送したり、傷ついたホワイトベースの修理を行うべく、技術部隊を運んだりと活躍。 補給を繰り返すうちホワイトベースへの愛着も出ており、黒い三連星に襲撃された際にパネルのセリフである「こんな所でホワイトベースを傷つけられてたまるものか!!」となります。 ミデアを急速発進させ、ガンダムへのジェット・ストリーム・アタックを阻止、怒ったオルテガにコックピットを潰されマチルダは戦死となりました。 パネルのセリフ、劇場版の方だと思います。 日も落ちて気温が下がりつつありますが、次の駅へ....
40 上野駅-1.JPG
 上野駅に到着、この駅は地球連邦軍のモビルスーツ「ガンダム」です。 ジオンのザクに対応する為、密かに開発されたRXシリーズのモビルスールですが、ガンダムは白兵戦用の機体となります。 メインのパイロットはサイド7で襲撃を受けた際、たまたま爆風で飛んできたVファイルを手にしたアムロ・レイ。 ファイルを片手にガンダムを起動させザクを撃破、正規クルーの多くを失ったホワイトベースに乗り込みパイロットとしての成長をしていきます。 このRXシリーズはコア・ファイターを使用したコア・ブロックシステムを使用しており、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクで共通となっております。 アムロのパイロット特性の高さから、機体の性能以上の活躍するガンダムですが、宇宙に戻ってからはアムロの反応速度に機体側が対応出来ず、マグネット・コーティングを行う事になりました。 多くの戦跡を残した機体ですが、ア・バオア・クーでのジオングとの戦いにより、頭部・両腕・右足を破壊。 モビルスーツとしての機能は失われたものの、コア・ブロックを採用していた為、アムロは脱出する事が出来ました。 教育型コンピューターを搭載し、戦闘データなどを蓄積。 後の量産型モビルスーツ開発に多くのデータを提供する形になり、地球連邦軍が形勢逆転する立役者となりました。 この傑作機であるガンダムの名称は、後のシリーズでも使用され、「強さの象徴」となりました。 一年戦争ではジオン軍内では「連邦の白い奴」や「白い悪魔」などと呼ばれる事がありました。 そして、パネルのセリフは....
40 上野駅-2.JPG
 アムロが最初にガンダムのコップピットを覗いた時の「こいつ・・・・動くぞ!?」でした。 そりゃあ、このセリフになりますよね.... しかし、夕方でスタンプ台は大混雑!! こんな写真しか撮れませんでしたが....
40 上野駅-3.JPG
 20日に撮り直して来ました!! 他の駅も修正を考えておりますが、なかなか上手く行かないですね~。 では、次の駅へ....
41 御徒町駅.JPG
 御徒町駅に到着、この駅はジオン軍の 「マ・クベ」です。 最初の登場は地球でしたが、キシリアの命により地球から資源を採掘し送り出す為、オデッサ基地の司令しておりました。 それ以外にもアッザムに搭乗しキシリアと共に出撃したり、ホワイトベースの追撃の為に送り込まれたランバ・ラルや黒い三連星などに対しても司令として対応しておりますね。 地球連邦軍のオデッサ作戦において追い込まれ、宇宙へ逃げる形となりました。 またテキサスコロニーではギャンに搭乗しガンダムと戦い、姑息な手段で撃破を試みるも通用せず.... キシリアから一定の信頼を置かれているシャアに対しての嫉妬心が強く(と言うよりは自分が一番優れていると思っている)、手助けを申し出るシャアに対し「今の貴様の任務はガンダムを倒すことではないはずだ」と返答し申し出を拒否。 結局、マ・クベはガンダムに撃破されますが、最後の言葉がパネルのセリフ「ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ。 あれは・・・・良い物だ!!」でした。 これはTV版での話であり、劇場版では生死不明.... 声は塩沢兼人さんでしたよね。 好きな声優さんですが、このマ・クベの演技は好きだったな~。 色々な名言を残しておりますよね、水爆を撃つ時の絶叫しながら「ミサイル発射!!」やオデッサ作戦で敗北し逃げる際の「ジオンは後、10年は戦える」とかですね。 それと、マ・クベといえば「あの壺」、以前販売した事がありましたが、凄い人気だった事を思い出します。 それと、劇場版のエンドロールにて表記が「マ」だけだった時には軽く吹いた.... さて、次の駅へ向います~。
42 新橋駅-1.JPG
 山手線の新型車両に乗り、やって来た駅は....
42 新橋駅-2.JPG
 秋葉原駅と有楽町駅を飛ばし新橋駅に到着、この駅はアムロが作った「ハロ」です。 お隣のフラウ・ボウの為、市販キットを改造して作られました。 パネルのセリフは第1話で機械いじりに没頭しているアムロに向けて「アムロ、ノウハレベル、オチテル・・・・アムロ、レベル・・・・」と警告してる場面です。 宇宙ではペットを買う事が難しく、ハロの様に機械のペットが多かったとの事ですが、アムロはフラウ・ボウの為に改造し色々な言葉や動き、特定の人に対しての健康チャックなどを盛り込みました。 後の設定では、一年戦争の英雄であるアムロ・レイが作ったロボットとして、レプリカのおもちゃが発売されたとなっております。 また、アムロが最後に登場する「逆襲のシャア」ではブライトの息子であるハサウェイ・ノアに三代目のハロを贈っている。 ハロ、直系の作品には色々と登場しておりますね~。
42 新橋駅-3.JPG
 SL広場ではイルミネーションが点灯、横の喫煙所にて久しぶりの休憩となりました。 さて、次へ....
43 浜松町駅.JPG
 浜松町駅に到着、この駅はジオン軍の水陸両用モビルスーツ「ズゴック」です。 ゴッグやアッガイ、ゾックなどに比べ高い機動性を持っており、水中のみならず陸上でも機敏な動きをみせます。 パイロットからの評価も高く、ベルファスト襲撃の為に出撃したカラハはパネルのセリフ「調子は良好だ。俺にはゴッグよりはこいつの方が性に合ってる感じだなぁ」と話しております。 かなり良い動きをみせるズゴックでしたが、ホワイトベースに戻ったカイが搭乗するガンダンクとアムロのガンダムの連係プレーで撃沈されました。 さて、次はこの日最後の駅へ....
44 田町駅.JPG
 田町駅に到着、この駅はジオン軍のモビルスーツ「ゲルググ」です。 北千住駅の「シャア専用ゲルググ」でも書きましたが、一年戦争も末期に入ってから実戦配備されました。 機体性能は非常に高いものの、地球連邦軍の圧倒的な物量の前には大きな戦果を上げる事が出来ない状況でした。 一番の問題はパイロットであり、多くの兵士を失ったジオン軍は学徒動員を行います。 ア・バオア・クーの戦いにおいて、多くの学徒動員兵が出兵しており、ガンダムの前に飛び出してきたゲルググに対しアムロは「なっ、何故出てくる!?」と言いながら攻撃!! 被弾したゲルググのパイロットは学徒動員の少年兵と思われ、パネルのセリフ「あっ....ああっ、ひ、火がー!! かっ、母さーん!!」と叫びながら爆発するゲルググと共に戦死.... 対戦末期のジオン軍、基地防衛などは学徒動員の兵ばかりだった事もあり、ア・バオア・クーが堕ちた後、一気に和平交渉へ傾いたと思われます。

 この日は夜に用事があった為、田町駅で終了となりました。 予定していたルートも後半から変更を余儀なくされましたが、終ってみれば前日を合わせて49駅まで終りました。 残りは16駅とゴール.... 続く【その3】の記事では、朝一に秋葉原駅へ行き、その後は⑤上野駅から尾久駅を経由し赤羽駅のルート(東北本線)、⑥赤羽駅から十条駅駅経由で高田馬場駅へのルート(埼京線・山手線内回り)、⑦高田馬場駅から上野駅までの残りの駅を回るルート(山手線外回り)、そして「クラッシャージョウ」の爆音映画祭へ向かい有楽町駅を押さえる予定です。 この日は朝の9時過ぎから18時半まで、我孫子の食事以外は動きっぱなしでスタンプラリーへ参加しておりました。

 各駅の感想ですが、私個人の記憶と感想ですので、間違い等はお許し下さい。
nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。