So-net無料ブログ作成

【WECや】三連休、ノンビリと過ごしてCSでレース観戦中....【motoGPなど】 [レース関係]

 昨日は10月10日、以前であれば「体育の日」でしたね。 なんで最近は三連休にしてしまうのだろう....

 この週末は大きいレースが重なりますが、予選を放送しないWEC以外のmotoGPとF1は予選をCS観戦する予定と決めておりました。 茂木で開催のmotoGP、予選を生観戦と思いきや、クライマックス・シリーズの放送の為、録画の放送となっておりました.... 日テレG+よ、やってくれるな.... そん事もあり、日中はCSの映画ばかりを観ておりました。 E.T、始めて観ましたが、そんな話だったのか.... プレデター、シュワちゃん若い&懐かしかった....

 夕方には本を購入する為、近くの書店へ行っておりました。 夕方の買い物と重なりましたが、結構な人出となっており賑わった感じです。 録画とは言え、motoGPの予選を観る為に急いで帰宅しました。 自宅に戻り郵便受けを確認すると、大きな封筒が入っておりました。 
1510101.JPG
 スカパーから送られてきましたが、「キャンペーン特典」と書かれています。
1510102.JPG
 「劇場版 弱虫ペダル」のプレゼントキャンペーンのの商品らしい.... いつ応募したのだろう、ツール・ド・フランスの時かな....
1510103.JPG
 オリジナル描き下ろしのクリアファイル、ファンの人なら嬉しいのかな? 頂いたものなので、普通に使用しようとは思います。
1510104.JPG
 今回購入した本は、「GP Car Story」の特別号、「プロスト VS セナ VS シューマッハー」でした。

 1993年、F1のハイテク最終年となった訳ですが、かなり面白いシーズンとなりました。 シーズン途中でフェラーリに更迭され、1年の休養したのちウィリアムズから復帰となったアラン・プロストのF1ラストシーズン。 ホンダと決別し、フォードのエンジンで速さを取り戻したマクラーレンのアイルトン・セナ。 鳴り物入りでF1デビューし、強烈な速さで輝きを放ち始めたベネトンのミハエル・シューマッハー。 強烈な個性を持ったドライバー達がまだまだ残っていたF1ですので、読んでいて面白かったです。

 本よ読みながら、ネットでWECの予選結果を観ておりました。 ポルシェの速さはピカイチ、アウディが続き母国レースのトヨタは厳しい状況となりました。 そしてmotoGPの予選をCSで観ておりましたが、ヤマハのロッシとロレンソの戦いが熱い!! ロッシが暫定トップとなり、「このまま決まりか」と思った矢先にロレンソがトップに躍り出ました。 レースとは違う、予選の熱い走りを観る事が出来ました。

 そしてF1、今回新型のPUをFP1のアロンソ車にのみ投入したマクラーレン・ホンダ。 このユニットは次戦い以降用との事で、FP2から旧タイプに戻されましたが、かなり良いとの事。 来年を見据えてもありますが、明るい話だと思えました。 そして予選ですが、マクラーレンはアロンソが16位、最初から旧型PUのバトンは13位との結果でした。 但し、予選後のバトンは良い感触だったとの事でしたので、決勝ではポイント獲得も夢ではなさそうです。 ポールはメルセデスのロズベルグ、2位にはハミルトン、3位にはウィリアムズのボッタスと言った感じです。 フェラーリのベッテルとライコネンが続いており、フェラーリも調子が良さそうです。

 こんな感じで土曜日は足早に過ぎ去って行きました.... その後は朝までゲーム三昧。

 そして日曜日となり、WECとmotoGPの放送が始まりました。 motoGPが開催されている茂木は雨模様ですが、WECが開催される富士では大雨.... 降雨による路面状況悪化の為、セーフティーカーが先導し走行。 雨が弱まり、路面状況が走行により改善された為、スタートとなりました。

 しかしウェット路面の為、いたるところでスピン。 どのクラスでも、コースアウトをする車が出ております。 そんな中、トヨタの中嶋一貴は果敢に走ります。 「雨であれば、まだまだ可能性がある!」とコメントをしておりました。 しかし、ポルシェとアウディは速く、トヨタは苦戦が続きます。 2号車は他車に当てられ、トラブルが発生しピットイン。 1号車は白線をカットした事でドライブスルーペナルティーとなってしまいました。

 WECは丁度半分を終え、後半戦へ入りました。 それと同時にmotoGPも決勝スタート!!

 やはりポールのロレンソがトップのまま快走、ロッシが追いかけますが、ジリジリと離されていきます。 

 トップはロレンソ、2位にロッシ、3位にドヴィツィオーゾ、4位にベドロサ、5位にマルケスとなっております。 残りは20周.... ロレンソとロッシとの差は約3秒。 motoGP3、motoGP2もザッピングしながら観ておりましたが、雨によりコースアウトや転倒が多数出ておりました。 路面状況が刻々と変化する中、安定した速さで走るロレンソ、ロッシはジリジリと差を縮めてきております。 ドヴィツィオーゾへは1秒の差をつけておりますので、ロッシは自分のペースを作り走る事が可能。 残り15周....

 残り10周、ペドロサとロッシの順位は変わりませんが、差が徐々に縮まっております。 そして3位にはドヴィツィオーゾを抜いたペドロサが上がり、ロッシとの差を急速に縮めてきました。 ワイルドカードで参戦しているヤマハの中須賀選手。 来年仕様のプロトタイプマシンで参戦との事ですが、8位まで上がってきました。 そして残り9周、ペドロサがロッシにアタックし2位に浮上となりました。 ロッシはタイヤが厳しいか.... 残り7周、ペドロサがトップのロレンソに追いつき、抜き去りました!! タイヤの問題が大きいですが、ホンダのホームコースになりますので、観客も沸きます。

 残り5周、ホンダのペドロサがトップに立ち、2位にロレンソ、3位にロッシとなっておりますが、ロレンソがぶれーキングで減速しきれない状態に.... その隙にロッシが2位に浮上!! 残り4周、ホンダのマルケスがドヴィツィオーゾをパスし4位に上がりました。 雨も上がった状態になり、各マシンともタイヤに厳しい状態となりました。 レースはラストラップ、難しいコンディションを制したのは、ホンダのペドロサが優勝!! 2位にロッシ、3位にロレンソとなりました。 4位には追い上げたマルケスが入り、5位にドヴィツィオーゾといった具合です。 ワイルドカード参戦の中須賀、見事に8位に入りポイン獲得となりました。 本人の走りもありますが、ヤマハの来年仕様のマシン、期待が出来そうです。

 今シーズンは手術による欠場などがあり、思うようなシーズンを遅れなかったダニ・ペドロサ。 特別仕様の侍ヘルメットを指差しながら喜びを表します。 2位に入り、ロレンソとのポイント差を拡げたロッシは少し興奮気味です。 予選で最速タイムを出したロレンソ、レース序盤も逃げていただけに3位に落ちてしまいましたが、悔しさよりも疲れた表情です。 今回のレース、タイヤには相当厳しい状況でした。

 motoGPも終わり、直ぐにWECに戻ります。 レースは残り2時間弱.... 富士も雨が上がり、コースも乾きつつあります。 LMP1の順位がどうなっているかと言えば、トップはポルシェの18号車となっており、2位は同17号車、3位はアウディの7号車、4位はトヨタの1号車の順ですが、1号車の後ろにはアウディの8号車がピタリトと付けております。 1号車、右側のライトのカバーが外れかかっており、チョット危ない状態です。 下位クラスの車が居た事により、ストレートでアウディ8号車がスリップに入り4位に浮上。 その周の終わりにピットへ入ったトヨタの1号車ですが、タイヤ交換後にライトのカバーを引きちぎりコースへ戻っていきました。

 残りは1時間半となりましたが、耐久レースですので、まだまだレースは分からない状態です。 しかしながら大きな動きは無く、残り1時間となりました。 快調に走り続けるポルシェの2台、残り40分を切った所で18号車がピットイン。 最後のピットと思われますが、次の周には同じく17号車が入りました。 安定した速さを魅せるポルシェの2台、速い車は格好良いと言いますが、確かに!!

 ここでフルコースイエローが出ました。 先ほど LMP2クラスの26号車と47号車が熾烈なトップ争いをしておりましたが、その際に接触し、47号車の左ライトのカバーが外れコース上に落ちました。 それによりイエローが出された形になります。 残り28分の時点で具ルーンになりましたが、ここでアウディの7号車とGTアマの88号車が接触。 88号車はリアタイヤにトラブルが発生。

 残り22分、ここでトップのポルシェ18号車に対して、ドライブスルーペナルティーが出されました。 黄旗違反との事でペナルティを受けましたが、順位は変わらずです。 

 残り15分を切り、GTプロの2位争いが激しくなってきました。 2位のフェラーリ71号車に対して、ポルシェの92号車がピタリとつけました。 残り10分、しかし10分あります。 LMP2クラスでも36号車と47号車が激しい2位争いを展開中。 何とここでLMP1の17号車がトップに立ちました、18号車がトップでしたがランキング上位の17号車がトップに立ち形になりました。 こうなるとライバルのアウディも動きがありそうです。

 あ~、ここでLMPクラスの2台が接触!! 47号車が押される形でクラッショ!! これはヤバイ、バトルが熱くなりすぎた感じです。 残り5分!! ここでアウディも8号車をピットへ入れ、7号車を前に出す形になりました。 GTプロの71号車の92号車のバトルも継続してバトル中。 いよいよ残り2分を切り、ファイナルラップへ....

 6時間の死闘を制したのは、ポルシェの17号車が獲りました!! 2位には同18号車、3位にはアウディの7号車となりました。 4位は同8号車となり、逆襲を期待されていたトヨタの1号車は5位、トラブルが発生した同2号車が6位となりました。 最後に大きなクラッシュを起こしてしまったLMP2クラスですが、26号車が1位となり、2位には36号車が入りましたは、3位以下は先ほどのクラッシュの件もあり、審議になると思われます。 GTプロはフェラーリの51号車が1位、2位にはバトルを制したポルシェの92号車、3位にはフェラーリの71号車となりました。 GTアマは最後の20分にオーナードライバーであるデンプシーが走ったポルシェの77号車が1位、2位にはアストンマーティンの98号車、3位にはフェラーリの83号車となりました。 残り1時間.... いや30分を切ってからのバトルが熱すぎました。 

 motoGPとWEC、このフタレースで既にお腹一杯な感じですが、この後は夜にF1のロシアGPが控えていますので、それまでは一休みですね.... 
nice!(58)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 58

コメント 10

tsun

一応、マクホンがW入賞しましたね(笑)
たまに古いフジテレビのF1総集編(ビデオからDVDに焼き直し)を見るんですが、その93年より前はまだのんびりしたところがありましたね。
タイヤを水で、エンジンはドライアイスで冷やしたり。メカニックがスパナ持ってエンジンを弄ってますからね。今では考えられませんね。
by tsun (2015-10-11 21:54) 

MINERVA

tsun さん
今日のレースは色々とありました。
メルセデスのロズベルグのトラブル、ロータスのグロージャンのクラッシュなど.... トップは異次元の速さでしたが、きちんとレースしていたので、観ていて面白かったです。
マクラーレン・ホンダ、新たしいPUも含め、最後に向上しています!!
フジテレビの総集編、年末の楽しみでしたよね!! ノンビリしたF1、確かに総集編でもアットホームなシーンがあったな~。
私も93年はビデオからDVDに落としておりますが、それ以前はテープがダメになっており諦めました。
黄色いベネトン時代のシューマッハ、将来のチャンピオンを感じさせるシーズンでした。 エンディングの曲が大好きなEUROPEだったのもナイスだった....
by MINERVA (2015-10-11 22:38) 

tarou

お早うございます、出雲大社にコメントを有難うございました。
出雲に行ったら寄りたい所ですね(^^)v


by tarou (2015-10-12 07:05) 

響

懐かしい映画とこれまた懐かしいF-1の黄金期。
今もBSで見てますが明らかに昔の方が
迫力ありましたね。
by (2015-10-12 13:28) 

MINERVA

tarou さん
出雲大社は行きたい場所なんですが、直ぐにとは行きません。
私の寿命より先に無くなる事は無いと思いますので、ノンビリと考えております。
by MINERVA (2015-10-12 21:08) 

MINERVA

響 さん
スカパー等のBS・CS放送、色々な映画チャンネルがあり、ついつい観てしまいます。 気を付けないと、家から出なくなってしまいますね。
F1は80年代から90年代半ば位が、私の中で黄金期です。
アラン・プロストが大好きでしたが、「プロフェッサー」と言われたプロストもデビュー時には熱い走りだったんですよね。
今と違って荒々しさがあり、観ていて面白かった....
by MINERVA (2015-10-12 21:15) 

ロートレー

MINERV さん とても良いコメントをいただきました!
東京の人ごみに衝突回避のルールがあったのですね
私達おのぼりさんが歩行ルールを乱していたのか~
すれ違う場合は右側に舵を切る。
なるほど
これはひょっとすると船舶航行ルールが適用されているのではなかろうか(笑)
by ロートレー (2015-10-13 15:51) 

MINERVA

ロートレー さん
実際には、何処の場所でも同じだと思われます。
100%では無いのですが、歩行者は「右側通行」と教えられていても、実は「左側通行」が多いです。 そんな中を「右側通行」で向かってきますので、相手の動きは右へ右へとなっていますので、向かい合った場合、右にずれれば回避出来ると思っています。
また駅の自動改札、タッチは右側ですよね、たま反対側の人と同じタイミングになる場合があります。 タッチが右側ですので、相手が早ければこちらが待つ事になり、わざわざ左側に避けないです。
by MINERVA (2015-10-13 20:35) 

desidesi

人混みでは、私もよく人とぶつかりそうになります。
人より先に動くようにしていますが、
なぜか自然と右側優先になりますね。
意識して考えていなかったけど、
上のコメを読んで納得しました〜♪ (๑◔‿◔๑) なるほど!
by desidesi (2015-10-13 22:00) 

MINERVA

desidesi さん
私個人の意見なのですが、今まで人ごみの中を色々と歩き、そう感じた次第です。 実際、全く反対の意見もありますが、右側に避けるのが一番落ですね。
by MINERVA (2015-10-14 01:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0