So-net無料ブログ作成

【新王者】2013年のWRC王者はフォルクスワーゲンのオジエが獲得!【誕生】 [レース関係]

今週はWRC第11戦フランスが開催されております。

2位のヌービルは残り全戦の優勝とパワーステージの勝利が条件となっていたが、今ラリーのパワーステージで1位になれなかった為、オジエが2013年のドライバーズタイトルを手中に収めました。

シトロエン時代は登場時より速さを見せ、エースのロウブを脅かす存在となりました。 王者ロウブが絶対的地位にいるシトロエンに別れを告げ、2013年から参戦予定をしているフォルクスワーゲンに移籍となりました。

2012年はマシン開発とシュコダからS2000でWRCに参戦し、来る2013年の準備をしておりました。 S2000のマシンながら上位に食い込む速さをみせ、周りの関係者は驚きを隠せませんでした。

そして今年のWRCはオジエが圧倒的な速さをみせ、見事にチャンピオンとなりました。 タイトル獲得はドライバーの速さだけではなく、フォルクスワーゲンがWRCに送り込んだポロWRCの力も大きかった事と思います。

そんなオジエは次の目標である「マニファクチャラータイトル」獲得の為、まだまだ全力で挑むとの事です。

思い起こせばラリージャパン最終年の2010年、優勝したセバスチャン・オジエの走りには、次の王者になるべくオーラが溢れ出ていた気がします。 
10040.jpg
2010年のラリージャパン、林道ステージでのオジエの走り!
10041.jpg
見事ラリージャパンを制し、記念撮影を行うドライバーとチームスタッフ達。

しかし、チームメイトのラトバラ、私的にはフォード時代よりも影が薄くなってしまった様な気がします。 

何はともあれ、セバスチャン・オジエ選手、チャンピオン獲得おめでとう!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0