So-net無料ブログ作成

デアゴスティーニ ラリーカーコレクション購入とすれ違い!【スバル・インプレッサ WRC2008】 [デアゴスティーニ]

デアゴスティーニ 『隔週刊 ラリーカーコレクション』の第3号を購入しました。

日曜日は朝からRACERSとグランプリ・イラストレイテッドを読みふけっておりましたが、夕方になってからアキバへすれ違いとラリーカーコレクションを購入する為に外出となりました。 第3号である今回の付属モデル(IXO製)は「スバル・インプレッサ WRC 2008」です。
09301.JPG
09302.JPG

2008年はメーカーワークスとして参戦した最後のシーズンとなります。 元々インプレッサと言えば、ボディが大きいレガシィを嫌い、WRCに勝つべくコンパクトな車体として生まれたハズだったと思いますが、その後2ドアのクーペから4ドアのセダンのボディとなり、時代的にはインプレッサ自体も大型ボディの部類となり、前後のオーバーハングがある為にコーナーでのマシンの動きも問題視されてきました。 他のメーカーはハッチバック車をベースとしており、スバルとしても追従するべくフルモデルチェンジと共にシャシーを替えハッチバックモデルのWRカーをプロドライブが製作し、インプレッサWRC2008が完成します。 

ラリー雑誌「WRCプラス」でスバルのドライバーであるペター・ソルベルグが車体の変更を喜んでいた記事が思い出されました。 実戦投入はアクロポリスで投入され、マシン自体は基本的には「勝てるマシン」になりうる車であったのですが、熟成に苦しみシーズン最上位は2位止まりでした。 

いざ来年とペターも意気込んでおりましたが、経済不況のあおりを受けスバルはこのシーズン限りで撤退となりました。 あと一年、スバルが参戦を継続し、プロドライブとマシンの熟成を進めていたら.....もしかしたら勝てるマシンに化けていたのではないか?! と今でも考えてしまいます。
※但し、プロドライブのマシンの開発に対する方向性もありますが、少なくとも2005年以降のインプレッサは足回りの面で問題があったと思いますが.....

今回は自分で納得できる付属モデルがあり、購入する事にしました。 第13戦ツール・ド・コルス仕様のインプレッサになります。 このラリーはターマック・ラリーになるので、ホイールは大きく車高も低く、足はガチガチの仕様となります。
09303.JPG
塗装も綺麗な感じですし、プロポーション的にも「良いんじゃないか」と思います。
09304.JPG
フロント周りはこんな感じです、なかなかキリッとした顔立ちだと思います。
09305.JPG
ボディが5ドアのハッチバックとなり、リアがすっきりした事で、走りが良くなった事と思います。
09306.JPG
今回は、車内の造りも大丈夫でした。

2008年と言えば、「ラリージャパン」が札幌に移った初年度であり、実際の写真的にはこんな感じ。
09309.JPG
確かシェイクダウン途中でサービスパークに戻り、セッティングを変更し再度コースへ向かう所。 ラリージャパンはグラベル・ラリーになるので、ホイールのインチは小さく、車高は高く、足は柔らかめの仕様。 
093010.JPG
写真のイケメンが2003年度のWRCワールドチャンピオンであるぺター・ソルベルグ。 ファンに対してとても気さくに対応してくれます。 やはりペターにはスバルのカラーが合いますね、フォードからフォーカスでWRCに参戦していた初期の頃は速さはあるが無謀に近い走りをしており、実は余り好きなタイプではなかったドライバーです。 スバルに移籍し開花したと思っております。

PCがクラッシュした為、ラリージャパンを観戦した初期の写真は失われてしまったのですが、残っているラリージャパンの写真を別途書きつつ載せたいとは思っております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0