So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

トロ・ロッソやレッドブルも含め、フィルミング・デイにてシェイクダウンを実施中!! [レース関係]

 各チームから今年のマシンの発表が行われ始めており、いよいよ2019年のF1シーズンが動き始めました!!

 今週頭にトロ・ロッソが「STR14」を発表、ホンダとの提携2年目となる今年のマシンはレッドブル・テクノロジーを通した形で共通パーツをふんだんに使用するマシンとなりました。


 基本的なシャシー部分、昨年レッドブルが走らせたRB14に似ておりますが、あくまでもトロ・ロッソのオリジナルとなっておりますよ.... そして昨日の事ですが、恒例のフィルミング・デイを使用してシェイクダウンを実施しました!!


 走り始めた「STR14」、ホンダエンジン改良されているとの話ですので、来週のテスト前に動作確認を行います。


 出だしは順調な感じですが、トロ・ロッソと提携した昨年もシェイクダウン時に問題はありませんでしたね.... 撮影用のタイヤを使用し、100kmまでの走行と決められておりますが、無事にシェイクダウンを終了です。 実力はテストが始まってからですが、ホンダの「RA619H」も良い感じに思えます。

 そして、レッドブルもRB15を発表!!


 ワンオフの特別カラーリングでの発表ですが、そのカラーリングは刺激的ですね。 ただ、初めてみた時に「戦闘妖精・雪風」のアニメに登場するジャム(もしくはジャムセンスジャマー)を思い出しましたよ.... 今年からホンダにスイッチしたレッドブルですが、発表日にシェイクダウンを実施しました!!


 レッドブルもホンダエンジンでの初走行となった訳ですが、大きなトラブルなく終了したみたいです。 またフェルスタッペンが出したコメントを読むと、出だしは上々みたいですね。 こちらも来週のテストが楽しみであります。

 そして、王者メルセデスも「W10」を発表です。


 相変わらず優雅なスタイリングですが、今の所は今年も最有力チームですね。


 そして、メルセデスもシェイクダウンを実施!!

 こうして、この日は3チームがシェイクダウンを行いましたが、ルノーやウィリアムズはカラーリングの発表こそあれ、まだマシンが出来上がっていない状態.... 来週のテスト前に実車が見られると思います。 今年もテストの状況ですが、出来る限りネットで追いながら記事を書く予定です。
nice!(51)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

三連休はゲームのベータ版参加と模型系イベント、そしてファイター1の製作でした.... [日記]

 2月に入り、先週末は三連休となりました!! 良いですね~三連休....

 さて、三連休をどうするかと考えておりましたが、実は色々とやりたい事が多い状態です。

 まずはXBOX ONEでも発売予定となっている「THE DIVISION2」のプライベートベータが開催、事前予約はしておりませんでしたが、参加の登録だけはしておりました。 メールで当選を知り、木曜日の帰宅後にベータ版のソフトをダウンロード.... ウン十GBもありますので、しばらく放置です。

 そして金曜日の帰宅後からプレイ開始!! 最初はチュートリアルを兼ねており、前作を知っているだけに少しまどろっこしい状態。 実際には細かな部分で前作からの変更・修正が行われておりますので、少し戸惑った部分もあったり.... まずは本部となっているホワイトハウスへ向かい、本編へ進むといった具合です。(と言ってもベータ版ですが....)

 そんな訳で始まった「THE DIVISION2」のプライベートベータですが、今回の舞台はワシントンDCです。 ニューヨークでの事件から数か月後の話との事ですが、前作同様にワシントンDCも荒れ果てておりました.... 金曜日は動作関係に慣れる事にし、土曜日から荒廃したワシントンDCを取り返すべく、ディビジョン・エージェントとして本格的にゲーム開始です!!
2019-02-09-01.jpg
 このゲームの基本ですが、広大なマップで起こる色々な問題に立ち向かい解決をするゲームです。 今回のDIVISION2では1:1スケールでマップが形成されているとの事.... 広大です。 ゲームレベル毎にブロック分けされており、作戦本部であるホワイトハウスを飛び出し、各地域の拠点となるセーフハウスを探し、そのブロックでのミッションをクリアする流れです。 但し、このゲームはミッション以外にも町のあらゆる所に敵がおり、ブラブラ歩いているだけでも戦闘が発生。 気が抜けません。

 そして、ベータ版のプレイですので、良くある話ですが....
2019-02-09-02.jpg
 突然、人が中に浮いていたりしますよ。 まあバグなのですが、突然出会うとチョットビビります。

 連休初日は「THE DIVISION2」をプレイし続け、メンテでプレイが出来ない夕方に休息.... 夕飯後もプレイを再開し、そのまま日曜日に突入となりました。
2019-02-10-01.jpg
 前作同様、今回も汚染された区画であるダークゾーンが存在。 プレイを進め、ダークゾーンにも入ります。 ダークゾーンも広いマップとなっておりますが、通常と違う部分がありチュートリアルをこなします。
2019-02-10-02.jpg
 その後、再度ミッション等と行う訳ですが、プレイに疲れた時は町をブラブラ.... 夜の景色も綺麗になっておりますね。 その代わり、敵に遭遇する可能性もありますが.... そんな感じでゲームをダラダラとしておりましたが、長時間プレイとなったので、日曜は午前に一度中断です。 

 元々三連休は家に居る予定でしたが、前回の記事にも書いた「ワンダーフェスティバル」(通称ワンフェス)にてクラッシャージョウの「ミネルバ」の試作展示が発表!! 急遽、ワンフェスへ向かう事にしした次第です。 昨年の全日本模型ホビーショーにてファンの要望としてお願いをしたりしておりましたが、こんなに早く製品化の話が出てくるとは.... 案外、元々決まっていたのかも!?

 ゲーム疲れの休息と言いつつ、外出前に「ファイター1」の作業を少しだけ始めました。
19021001.jpg
 飾り用のスタンドですが、高さがあり過ぎる事もあり、着陸状態で飾る事にしました。 そんな訳で脚を作り始めのですが、気付けばお昼になっており急いで外出です!! 電車の乗り換え、辿り着いた先は....
19021002.jpg
 幕張メッセの最寄駅である海浜幕張駅に到着。 駅からチョット遠いのですが、歩いて数分すると....
19021003.jpg
 会場である幕張メッセに到着です!! 思えば、ワンフェスに来るのも久しぶりだったりします。 ビッグサイトが出来るまでは大きな見本市会場と言えば、幕張メッセでした。 まあ、大昔には晴海ふ頭にもありましたが.... 覚えている方も少なくなりつつありますね。 

 まずは入場証を兼ねたカタログを購入し、会場入り。 カタログで目的のブースを確認、心ウキウキな感じでハセガワさんのブースへ向かいました!! 
19021004.jpg
 ワンフェスでは小さいスペースで展示を行っていたハセガワさんですが、到着する前から見えておりますよ1/400スケールの「ミネルバ」が!! 「ファイター1」の時と同じく、検証用の見本ですので荒々しい状態ですが、まぎれもなく「ミネルバ」が展示されておりますよ。 結構、良い感じではないですか!!
19021005.jpg
 間近で見たハセガワ版の「ミネルバ」の第一印象ですが、「全体的に少しシャープだな」と感じました。 機首の両脇にあるカナードや垂直尾翼等、タカラ版と比べると一回り小さいイメージを受けます。
18061601.JPG
 ちなみに、私が昨年製作したタカラ版の「ミネルバ」ですが、同じ様な構図の写真ですので、私の受けた印象が分かり易いと思います。
19021006.jpg
 今回は船体の下面は詳しく見えませんでしたが、補助エンジンのインテーク部分等、やはり全体的に一回り小さくなっている感じです。 武器のハッチは別パーツっぽいので、選択式になるのかな?
18062301.JPG
 武器関係のハッチに関しては、タカラ版の方が小さいですね。 こちらは溝があるのみ。
19021007.jpg
 左前からの眺め、このアングルですとシャープである事が良く分かりますね。 ノーズの先端からメインエンジンに向かうラインがシュッとしておりますね。 なかなか格好良いですし、このアングルだと実際のパーツ構成が何となく見えてきます。 しかし、コックピット部分はかなり鋭角ですね。
18061702.JPG
 タカラ版ですとコックピットの部分は丸みを帯びているイメージなので、どちらかと言えば....
18022514.JPG
 この表紙っぽいイメージで良いのかな~。 安彦さんの描く「ミネルバ」もそうですし、waveさんの完成品モデルもコックピット周りはシャープな造形でしたよ。 
19021008.jpg
 胴体部分もタカラ版と比較すると細めの印象ですが、船体を細めにして尾翼などを小振りにする事で、船体の長さと大きさを感じました。 またコックピッチの後部が船体中央位まで伸びておりますね。
19021009.jpg
 エンジン関係へ繋がる部分、モッコリ感が抑えられた感じですが、エンジンと繋がるフィンの部分がシャープな造形となっていおり、これはとっても良いですね。 上面の武装類もハッチは別パーツっぽいので、選択式になるのではと考えております。
18061703.JPG
 機首から胴体へ向かうデザインに比べれば、エンジン回りの印象はタカラ版でも大きく変わらなですね。
19021010.jpg
 主翼の厚みもタカラ版と比べると薄めの印象、またメインエンジンのノズル内ですが、別パーツが入っております。
18062514.JPG
 私もタカラ版の「ミネルバ」を製作時、余りパーツをノズル内に入れましたよ。 私は単に格好良いと思ったからだけなのですが....
19021011.jpg
 最後に上からの写真を撮ってみました。 全体的にシャープになった分、私の印象は優雅さが減ったと感じた次第です。 決してデザインが嫌とかではないですよ、あくまでも印象ですので....
18062501.JPG
 タカラ版の「ミネルバ」の場合、機首部分の曲線が印象的だと思っており、大海を渡る鳥の様な印象を受けておりますが.... 案外、ハセガワ版の「ミネルバ」の方も、白は膨張系なので塗装でガラリと印象が変わったりして。
19021013.jpg
 ハセガワさんの「ミネルバ」を見る事が出来ましたが、今回もクラッシャージョウのイベントと捉えており、相変わらず当時の映画パンフを持参し記念に写真を撮りました。 細かい発表は次回の静岡ホビーショーで行われるとの事、三ヶ月後に新しい情報が出る事を期待したいと思います。 発売が楽しみですね!!

 そして、ミネルバのじっくり鑑賞した後、先日発売された「ファイター1」も展示されておりましたので、じっくり鑑賞です。
19021014.jpg
 まずは、今回発売された「ファイター1」を組み立てただけの状態の展示。 最近のプラモデルは多色成型が可能となっており、この「ファイター1」も説明書通りに組立てるだけ、展示された状態になりますよ!! この完成度、本当に凄いの一言です。 塗装が苦手な方であれば、素組みを行いスミ入れだけで映えると思います。 ツイッター上でも素組み+スミ入れの方もおりまし。 但し、キャノピー部分のみは塗装した方が良いと思いますよ。 
19021015.jpg
 お次は塗装された完成品の展示ですが、メチャクチャ格好良いです!! 光沢のあるクリアーで仕上げてあり、コックピット後部のエンジンカバーはメタリックぽいですね。 私も最後にトップコートを吹くのですが、今回は艶ありにしようかな.... スタント台の前には付属されるタロスが展示されており、その小ささは塗装する意欲が無くなる程ですよ。 ちなみに、コックピット内には同じく塗装された、ジョウが座っております~。

 CJ関連の展示に対して、多くのファンが来場しておりました。 何人かの方が説明員に質問をしており、それに乗じて私も質問をさせて頂きましたよ。

 今回の「ミネルバ」の詳細については、文中にも書きましたが静岡でのホビーショーでアナウンスがあるとの事でした。 また今回の「ファイター1」に絡め、「ファイター2」についても質問しましたが、販売に向けて企画を進めているとの事です。 これも静岡ホビーショーに絡めてとの事でしたが、もしかしたら静岡ホビーショーで販売になるのかも!? っと思った次第です。 話が進んでいるとの事で、アルフィンとリッキーのフィギュア付属をお願いし、今回も「出来れば二機セットを出して下さい!!」とお願いだけはさせた頂きました。 以前話していたドンゴについては、「ミネルバ」に付属でも良いのでお願いしますと話しました。

 「ファイター1」を購入し製作をした話もさせて頂いた訳ですが、良い意味としてデカールが細かいので老眼にはチョット辛いと話した所、「数字とJマークだけでも、グッと良くなりますよ」との話でした。 私が「1」と「J」だけでも良いと呟いていた内容と同じだっただけに、「誰もが考える事は同じか~」と思った次第です。

 そして、他の方々も言っておりましたが、ここまでくれば「コルドバ」です。 これも是非ともお願いしたい製品である事と、多くのファンが「コルドバ」を待っていると伝えさせて頂きました!! 欲しい製品なんですから、ダメ元で言ってみる価値が絶対にあると思います。

 ハセガワさんのブースを離れながら「ファイター2が出るのか~。ミネルバも出るのであれば、高千穂先生の原作に出てくるダンのアトラスも欲しいな....」と考えておりました。 タカラのミネルバが中古市場¥5,000~¥8,000と高値な事もあり、アトラスへの改造は躊躇してしまいますが、ミネルバが新たに製品化されるのであれば、改造して製作も良いかも!! 逆にハセガワさんが出してくれたら嬉しい限り。 まあ、それは期待薄ですが.... 次のチャンスに話してみよう。

 その後、色々なブースを巡っておりましたが、「クラッシャージョウ」のガレージキットを出されているSOY-YAさんにより帰宅となりました。 だいぶ前のワンフェスで「フロート付きミネルバ」のガレキを購入したのですが、スケールが小さいので未だに未製作だったりして.... 今回も「クラッシャージョウ」と現行の「宇宙戦艦ヤマト」関係で出店されておりましたが、密かに欲しかった物は売り切れになっておりました。 やっぱり、買う物がある時には朝一に行かないと駄目ですね。

 そんな感じで日曜日の午後はワンフェスにどっぷり浸かって帰宅した訳ですが、その後は「THE DIVISION2」のプライベートベータを続けておりました。

 そして連休最終日の昨日ですが、この日は午前はノンビリと過ごしつつ「ファイター1」の続きを製作です。
19021101.jpg
 脚部分の製作を進めておりますが、タイヤにも塗装と行いスミ入れを行い乾燥....
19021102.jpg
 エナメル系でスミ入れを行う訳ですが、パーツ割れを防ぐ為にたっぷり乾燥に時間を掛けてから組立てます。 いよいよ機体に装着し、「ファイター1」も機体関係は本当の終わりとなりました。
19021103.jpg
 脚のパーツ事態も小さい為、脚を折らないかヒヤヒヤしながらの装着、折れなくて良かった。
19021104.jpg
 とりあえずスタンドに飾ってみましたが、スタンドだとこんなに高い位置になりますが....
19021105.jpg
 着陸状態で飾るのであれば、塗料皿の上に乗せても低く飾れます。 ケースに入れて保管するかは考え中.... 機体の製作は終わりましたが、最後にデカール類保護の意味もあり、トップコートを吹く作業を残すのみ。 しかし、ハセガワさんの完成品を見てしまうと、やっぱりデカールは全て貼りたいと思い始めたりして.... チョット考えよう。

 この日は「ファイター1」の作業もあらかた終わった訳ですが、気付けば「THE DIVISION2」のプライベートベータも残り時間が少なくなりました。 急いでゲームを再開し、参加した数日を思い出しながらプレイしておりました。
2019-02-11-02.jpg
 サイドミッションをこなしたりしておりましたが、この日も空中に浮いているバケツに遭遇.... この手のバグっぽい事例、今回は結構ありましたよ。
2019-02-11-03.jpg
 そして、「THE DIVISION2」のプライベートベータも終わりの時間を迎える直前ですが、本部となっているホワイトハウスの敷地に設置された見張り台から「ワシントン記念塔」を眺めた姿を記念に一枚。 この写真を撮った直後にプライベートベータの終了を迎えました。

 「THE DIVISION2」は来月発売の製品ですが、今回はどのタイミングで購入しようかな....
nice!(48)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ついにハセガワより「ファイター1」が発売となりました!! [趣味]

 昨年、ネットにて計画を知ったクラッシャージョウの劇中に登場する搭載機「ファイター1」ですが、発売延期で1月末の出荷となりました.... この1か月は長かった~。

 そして発売となり、先週末にアキバへ行き購入となった次第です。
F101.jpg
 到着早々、ホビーフロアにて購入。 積まれたファイター1を手に取る方が結構おり、私以外にも購入されていく方がおりましたよ。
F102.jpg
 帰宅後、開封の儀を行い内容物の確認。 破損や欠品等も無く、全て揃っている事を確認です。 ここからノンビリとですが、製作開始。
F103.jpg
 いつもの事ながら、まずは洗剤で洗浄.... その後は乾燥となりますが、乾燥されて事を確認しいよいよ組立てです。
F104.jpg
 最近のプラモデルはゲート跡が目立たない作りが多く、今回のファイター1も比較的に目立ちにくい感じです。 接着剤が要らないスナップフィットモデルでる為、ランナーの状態で塗装する事にしました。 ここで、購入から寝かし続けた「ガンダムマーカーエアブラシ」を使用する事を決断、準備を行い余ったランナー部分に吹きつけながら使い勝手をみておりました。 「ガンダムマーカー エアブラシ」、慣れれば結構良いですよ。 但し、ガス缶の消費が結構激しい為、出来れば小型でも良いのでコンプレッサーがあった方が良いと思いました。 為し吹きも終わり、いよいよ塗装....
F105.jpg
 写真はあまり良くありませんが、こんな感じでパーツがランナーに付いたままの状態で塗装です。
F106.jpg
 外装関係は普通に塗装したりしますが、こうやって塗装してみるとエアブラシの方が楽で綺麗ですね。 基本は筆塗りなのですが、ガンダムマーカーで手軽に塗装出来るエアブラシは魅力があります。 (当然、色数はマーカーの種類分しかありませんが....)
F107.jpg
 操作に慣れてきた事もあり、気付けばエアブラシでの塗装は終了。 乾燥していると思われますが、念の為、時間を多めに取る事にしました。
F1119.jpg
 お次はスミ入れを行い、こちらもじっくり乾燥.... 
F108.jpg
 乾燥後は溶剤ではみ出した部分をふき取ります。 黒でスミ入れを行った訳ですが、くっきりしすぎな感じを受けましたので、軽くぼかす感じにしました。 逆に、最初からグレーでスミ入れすれば良かったかも....
F109.jpg
 あらかた塗装も終わりましたので、組立てを始めて状態の確認をしつつ....
F110.jpg
 デカール貼りを始めます。 写真の通りでして、付属のデカールは「ファイター1」のみでした。 てっきり「ファイター2」にする為のデカールも付いてくると思ったのに.... こりゃあ、ファイター2の販売があると思って良いのかな?? さて、外装のデカールを貼る前にやる事があり、コックピットのコンパネのデカールを貼ります。
F111.jpg
 パネルの上部にあるスクリーン用のデカールを貼り.... 
F112.jpg
 他の部分は適当に塗装。 操縦桿を装着し、コンパネ周りが出来上がりました。
F1130.jpg 
取説の通りに製作を始め....
F113.jpg
 まずはコックピット周りまで組立てました。 斜め後ろからの眺めですが、なかなか良いじゃないですか!!
F114.jpg
 その後もパチパチと組立てを進め、機体の組み立てはほぼ完了。 8枚ある垂直尾翼のデカール貼りから始めておりますが、両面にデカールを貼るので合計16枚のデカール貼り.... 水転写デカールなので、うっかり切らない様に慎重にいきます。
F115.jpg
 コックピットのシートもデカールがありましたが、ここは適当に色を合わせて塗りました。 ジョウ達が作業や戦闘で乗り降りしますので、多少ムラがあった方が良いと思っております。 コックピットの両脇に装着されているガトリング式機関砲、この部分も乗り降りで足を掛ける部分ですので少し色が褪せた風にしたつもりだったり....
F116.jpg
 これから多くのデカールを貼る事になりますが、まずは組み上がったファイター1をじっくり眺めておりました。 機体後部からの眺め、何も考えず説明書通りに組みだけですうが、どのパーツもピタッとはまりますね。 凄い精度だ....
F117.jpg
 後はデカールを貼り.....
F118.jpg
 飛行形態か着陸形態か選ぶのみ。 どっちの形態にしようか、そこが一番の悩みどころ.... とりあえず、作業しながら考えます。
F121.jpg
 雰囲気をつかみたいので、特徴となっている「1」と「J」のシールを貼ってみました!! 良いですね~、ピシッと締まりますね。
F124.jpg
 垂直尾翼には機体番号と「流星マーク」、クラッシャーの機体ですから「流星マーク」が無いとね!!
F120.jpg
 さて、ここからが失敗談。 キャノピーの塗装用にマスキングテープが付属されており、これは非常に便利なアイテムです。 早速マスキングを貼り、「ガンダムマーカー エアブラシ」にて塗装を行いました。 良い感じで塗装出来ていたのですが.... 指を離しても吹いたままの状態。 「うおっ、止まらんぞ!!」と思っている矢先にガス圧が下がり塗料が粒の状態でキャノピーへ.... 何とも悲惨な状態。 乾燥後、ペーパー掛けを行いました良い感じにはならず、タミヤカラーで筆塗りしましたよ。
 しかし....悲劇は続くもので、機体に小さいデカールを貼った際、指に残ってしまったらしく、気付けば筆塗りしたキャノピーに貼りついておりましたよ.... しかも、完全に乾燥した状態。
 どうしようも無い為、再度ヤスリ掛け。 そしてもう一度筆塗りとなりましたが、かなり汚い感じとなってしまいましたよ。 「まあ、後々修正しよう....」と思い、マスキングテープを剥がしてみると、何度も塗り直したので、隙間に塗料が入っていたりして..... 涙。
 色々とありますが、軽くウインドウ部に塗料はふき取り機体に装着。 もう少し落ち着いたら、キャノピー部の修正を行う事にします。とりあえず形になった「ファイター1」はこんな感じです。
F122.jpg
 恥ずかしい状態ですが、キャノピーを装着し仮の完成。 ピッタリと合う精度、ホレボレしますよ。
F123.jpg
 上からの眺め.... 付属のデカールをゴテゴテ貼るよりも特徴的な物だけ貼った方が良いのかな.... キャノピーの修正をしながら考えよう。
F125.jpg
 ハセガワさんから発売された「ファイター1」、本当に出来が良いので製作していて楽しかったですね。 パーツがピタッと合うと気持ちが良いですし、これだけ細かく複雑な形状を再現されておりますので感動です。

 さて、キャノピー修正、デカール貼り、飛行/着陸の選択が残っておりますが、この週末はXBOX ONEで発売されるゲームのオープンベータに参加予定。 少し落ち着かせてから修正作業に入りたいのが本音かも!?

 そして、ブログをアップしツイッターを覗いてみると.... とんでもないニュースが!?

 ハセガワより クラッシャージョウの「ミネルバ」の発売が決定!! (しかも1/400でタカラより大きいぞ!!)

 ワンフェスで試作品展示との事.... ヤバい、行きたいよ~!!

 ・追記
 昨晩、帰宅後にファイター1の修正作業を行いました。
F126.jpg
 塗装中のトラブルで悲惨な事になったキャノピー部、本当であれば塗装を落として塗りなおせばいいのですが.... 今回はペーパーを掛けて、塗料がはみ出した部分を除去しました。 まあ、これで良いでしょう。
F127.jpg
 その後、コックピット周りのデカール類を貼り、付属のスタンドに飾ってみましたが.... スタンドの高さがチョット高いかも。 そんな訳で、脚を付けてディスプレイしようと思いました。
nice!(64)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

週末は買い物と模型製作、そして「鮮魚もPON!」の景品到着!! [日記]

 月末の忙しさも終わり、あっと言う間に2月に入りました.... 今年も時間の進みが早いね。

 さて、週末に入った訳ですが、土曜日は買い物の為に昼から土曜日は昼から外出です!!
19020201.jpg
 目的地はアキバ、まず最初にヨドバシへ向かいます。 いよいよ待ち焦がれた製品の発売となりました!!
19020202.jpg
 ありました!! ハセガワさんから発売された「クラッシャージョウ」の劇中に登場する艦載機「ファイター1」です。 昨年、全日本模型ホビーショーへモックアップを見に行った訳ですが、昨年末の発売が延期されてしまい、2月に入ってやっと発売となりました!! マッテタヨ~!! しかし.... 休暇がきえちまうな~。

 2機購入と思いましたが、色々な方に購入してもらいたいと思い1機のみにしました。 まずは1機製作しつつ、良ければ追加で購入すれば良いと思っておりました。 この時は....

19020203.jpg
 その後、会社の先輩に頼まれたいた物もあり、アキバを巡る事になるのですが、その前に腹ごしらえです。 ヨドバシの側にある「箱根そば」にて、天玉そばを頂きます。 

その後はアキバを巡り色々と購入.... PC関係で気になった物もあり、何だかんだで夕方までブラブラと巡ってしまいました...
19020204.jpg
 日も暮れてきた為、急いで帰宅。 
19020205.jpg
 帰宅後は「ファイター1」を開封し、中身の確認。 流石、ハセガワさんのキットはモールドが細かい!! どのパーツもシャープなつくりですので、完成が楽しみです。

 しばらく取説を読みながらランナー状態のキットを眺め、頭の中で組立て.... その後、洗浄を行い乾燥となりますが、その間に夕飯の準備を行います。 実はこの日は届いた食材があったのですが、何かと言うと....
鮮魚もPON!.png
 So-netの会員向けサービスであるポイントクラブ、その中にある「鮮魚もPON!」で鮮魚が当たりました!!
19020206.jpg
 送られてきた宅急便の伝票ですが、品名も『鮮魚もPON!』のみ。 知らない人であれば、何なのか分からないかも。 ポイントを集める為にゲームを行っておりますが、このポイントゲームには大当たりの景品があります。 「森田釣竿厳選 詰め合わせ」となっておりますが、「鮮魚もPON!」の説明では下記の様に書かれております。

 “ 浦安魚市場にて鮮魚店『泉銀』を営む伝説のフィッシュロックバンド『漁港』のリーダー、『森田釣竿』氏が自ら詰め合わせる厳選海産物のセット!何が届くかは森田氏の気分次第!! ”

 との事です。 ですので、何が来るのかは来てからのお楽しみと言った具合です。 箱を開け、中身を確認すると....
19020207.jpg
 送られてきた景品の内訳が入っておりました。 今回当選した景品は写真に書かれている五種類でした。 天然の南ミナミマグロなんてのもあり、テンションが上がりますね!! 商品到着後、すぐにチルドへ入れており、夕飯に合わせ準備をします。
19020209.jpg
 静岡県のアジは大きい物が一尾入っており、頭から尻尾の先までは30cm以上もありました。 ここまで良いアジは私も釣った事がないな~.... 
19020210.jpg
 とりあえずアジは三枚におろし、お刺身に....
19020211.jpg
 既にさばかれている北海道のスルメイカ、こちらもお刺身で頂きます。
19020212.jpg
 ケープタウンの天然ミナミマグロ.... 「天然」の文字に心躍ってしまいますね~。 さて、中身は!?
19020213.jpg
 おおっ、赤身からトロへの部分と思われますが、何と綺麗なマグロなんでしょうか。 後はお刺身を切り、お皿へ....
19020214.jpg
 スルメイカは細切りにし、アジは真ん中の小骨部分を切り取ってお刺身にしました。
19020215.jpg
 天然ミナミマグロは別皿へ.... いや~美味しそう!!
19020216.jpg
 手作りはんぺんは生食OKと書かれておりましたが、家にあったアオサと合わせ吸い物にしました。

 準備も整い、いよいよ豪勢な夕飯の始まりです!! はずは、ハンペンとアオサのお吸い物ですが、ハンペンの味が全然違います!! これは少しだけ生で頂いても良かったかも.... そしてお刺身に行きますが、イカは柔らかさと弾力が見事に合わさり甘さもあり、とっても美味しかったです。 アジも新鮮でプリプリ感があり脂も乗っており、一口頂くと.... 口一杯に旨味が広がります。 う~ん、美味!! そしてキラキラと光り輝くミナミマグロですが.... 噛めば噛むほど味が染み出てきます!! 赤身と脂のあるトロ部分が合わさっている為、口の中でマグロのアジも変化していき涙が出そうでした。 久々に美味しいお刺身を頂く事が出来、ゲームで当ったとは言えSo-netに感謝ですね。

 こうして土曜日が過ぎ去って行きました.... 昨日の日曜日、この日は夕方まで家で籠っておりましたよ。 朝から何をしていたかと言いますと....
19020300.jpg
 そう、前日に引き続き「ファイター1」の製作です。 製作と言っても、今回のモデルは接着剤不要のキットとなっており、コアの部分に外装をはめ込んで完成のプラモデルとなります。 素組みだけだと味気ないので、今回は購入してから全く使用していなかった「クレオス ガンダムマーカー エアブラシ」を使用してみる事にしました。 まずは使い勝手を試す為、先日製作したコア・ファイターの余り部品を塗装。 ガス圧とペン先の位置合わせが面倒ですが、慣れれば結構使い勝手は良いですね。 しかし、今の時期はガス圧が下がりやすいかも.... 中古でも良いのでコンプレッサーがあった方が良いでしょう。 それと、ガンダムマーカー側もインクをペン先に染み込ませなければなりませんので、何回か吹いたら外してペン先を押しつけてインクを染み込ませる作業が必要です。 ただ、普通のエアブラシと違い、塗料ごとに洗浄しなくても良いが利点です。
1902020301.jpg
 悪戦苦闘しながらも機体の外装部を次々に塗装.... 途中でガス圧が落ちて粒状の塗料が飛んだりもしましたが、後でペーパーでも掛けて修正ですね。 まずは慣れるのが一番。 一通り塗装を行い、乾燥時間を多めにとる事にしたのですが、その間に買い物へ向かいます。
19020302.jpg
 前日とは違い、この日は川崎のヨドバシへ.... 買い物自体は直ぐに終わりましたが、「ファイター1」があるかと見てみると.... 全く無い!? ネットでヨドバシの在庫状況を見てみましたが、一部の店舗以外は在庫取り寄せになっておりました。 アキバも同じく在庫取り寄せでしたので、土曜日に購入しておいて良かった.... 本当は追加で1機購入しようとも思っておりましたが、売れているのは嬉しい事ですね。

 帰宅後、塗装の続きを続け、夕飯の準備。 昨日は「節分の日」ですので、我が家はお蕎麦とイワシの塩焼きです。 そして、豆まきを終えたわけですが、最後に登場するのはコレ!!
19020303.jpg
 柊にイワシの頭を刺した「柊鰯」を軒下しへ.... 今年は位置を変えた為、イワシの頭が撮られる事も無いと思います。 食後も「ファイター1」の続き....
19020304.jpg
 気付けば深夜もかなり遅い時間になりましたが、外装関係もほぼ終わりました。 写真の後にスミ入れを行っておりましたが、その写真は撮り忘れてしまいました。 近日中には完成と思われますが、スミ入れしながら「失敗したかも!?」と感じる部分があったりして....

 さあ、今週も頑張ろう!! コンプレッサー、チョット欲しいかも....
nice!(67)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

「特撮のDNA」展、貴重な資料が多数展示されておりました!! [特撮]

 日記としての記事に記載しましたが、先週の土曜日にゴジラを含む特撮映画の展示会として開催されておりました「特撮のDNA展」へ行ってまいりました!!

 昨年の12月から開催されていたのですが、比較的近い場所だけに「何時でも行けるな~」と思い続け、気付けば残り2日となってしまった次第です....

 電車に揺られ、向かった先はJR蒲田駅から徒歩数分の場所にある日本工学院専門学校。 その校内に設けられている「ギャラリー鴻」にて開催されておりました。
19012601.jpg
 前回と同じ写真ですが、入口の風景。 新旧のゴジラが写っておりますが、どちらも破壊神としてのゴジラですので怖さは出ておりますよ。
19012602.jpg
 手作り感一杯ですが、今回のイベントは撮影可能との事。 一眼を持ってくれば良かったかな....
19012603.jpg
 こちらも前回の記事に乗せた「シン・ゴジラ」の立像、2m前後の大きさだと思いますが、玄関に置きた位に格好良いです。(そうは思っても、実際には置けないですが....)

 この「シン・ゴジラ」が置かれる場所は物販スペースの所に設置され、ここは入場券が無くても入れいる場所でした。 そんな訳で、買い物だけに来られている方も多かったですよ。

 いよいよ会場へ入りますが.... ブログに掲載する写真は本当に一部となります。 全ての展示を載せるとなると、膨大すぎて1~2回では終わらない内容でした。
19012604.jpg
 まずは主催者のコメントがありました。 今回の「特撮のDNA」ですが、福島、佐賀、明石で開催され、蒲田にやってきました。 蒲田と言えば、「蒲田撮影所」があり栄えていた事、「シン・ゴジラ」では蒲田を中心に大々的な撮影が行われゆかりがある為と書かれておりました。 確かに、そうですよね。 さて、最初の展示物は何かと言いますと....
19012605.jpg
 「シン・ゴジラ」関係です。 手前から第2形態(蒲田くん)、第3形態(品川くん)の雛型です。 やっぱり、蒲田くんはチョット可愛いかも....
19012606.jpg
 こちらはどちらも第4形態(鎌倉くん)ですが、右が形状検討用、左が着彩検討用との事です。 最終形態のゴジラ、やっぱり迫力がありますね。
19012607.jpg
 展示には作品に関わった方々のパネルも展示されており、「シン・ゴジラ」では特技監督の樋口真嗣さんのパネルが展示されておりました。 1984年版の「ゴジラ」から特撮の世界に入ったとの事ですが、樋口さんと言えばDAICON FILMが製作した「八岐之大蛇の逆襲」の方がインパクトがありました。 その後はガイナックスに参加したり、GONZOの設立にも参加。 そして平成版「ガメラ」ですよ。 この平成版「ガメラ」の特撮、大好きです。
19012608.jpg
 こちらは樋口監督が描かれたイメージスケッチ、このスケッチを基にして「シン・ゴジラ」のシーンが撮られた訳ですが、貴重な資料が見られて嬉しい限りです。
19012609.jpg
 こちらは「シン・ゴジラ」の最後のシーンで登場した第5形態の雛型兼撮影用造形です。 強烈なインパクトを残すラストシーンでしたが、凍結したゴジラの尻尾を先端に向け移動すると.... ゴジラ第5形態が映し出されます。 尻尾の先端から無数に分裂する第5形態ですが、衝撃の人型です。 もしも凍結が間に合わずに第5形態が地に放たれていたら.... と、怖くなる様なラストでした。 劇場干渉時、「あれ、巨神兵になるんじゃない....」と話されている方がおりましたが、どうなんでしょうね....
19012610.jpg
 近年の特撮はCGを多用する様になった訳ですが、技術の進歩は素晴らしいと観賞時に思った次第です。 ちなみに、私はこのシーンを撮影する事を知り、当日足を運んで遠巻きながら見学しておりました。 その時のブログはこちら → 「日曜日は朝から出たり入ったり....」
19012611.jpg
 こちらは撮影時のスナップをパネルに纏めた物ですが、大田区の区内では多くの撮影が行われました。 劇中に登場する以外の撮影も多く、泣く泣くカットされたシーンもあるみたいですね。

 さて、次のゾーンへ向かいます。

 会場内はゾーンで別れておりますが、イマイチ判り辛い状態です。 気に入った写真を掲載しておりますが、ゾーン違いがあったとしてもお許しを....
19012612.jpg
 ZONE2は1954の「ゴジラ」から「キングコングvsゴジラ」となっておりました。
19012613.jpg
 「ゴジラ」と言えば、円谷英二監督を忘れてはいけません。 「特撮の神様」、この称号はまさに円谷英二監督の為にあると思いますよ。
19012614.jpg
 こちらは「ゴジラ」の絵コンテだと思われます。
19012615.jpg
 「ゴジラ」にて、ゴジラを倒すべく使用された「オキシジェン・デストロイヤー」ですね。 展示されている「オキシジェン・デストロイヤー」は撮影用オリジナルであり本物。 65年前の物とは思えない程、良い状態で残っております。 水中酸素破壊装置が元々の名称ですが、発明した芹沢大助は自らの発明が悪用される事を恐れ、ゴジラと共に自ら命を絶ちました。 今でも人間の怖さを感じる初代「ゴジラ」、たまには観たくなりますよ。
19012616.jpg
 こちらは「ゴジラ」の台本と思いますが、「ゴジラ」ではなく「ゴヂラ」となっておりますね。 複製本を出してもらいたい....
19012617.jpg
 続いて、「ゴジラ」のオリジナルフォルム缶と当時の新聞広告、日本で初の科学空想映画となっておりますよ。
19012619.jpg
 お次はゴジラ関係ではなくSF映画「宇宙大戦争」です。 公開当時、同時上映された作品が「サザエさんの脱線奥様」との事です。 この当時、サザエさんは歌手の「江利チエミ」さんでした。 私も何作か観た記憶がありますが、江利チエミさんのサザエさんは合っていると思っておりますよ。
19012618.jpg
 こちらの作品からは、劇中に登場する「戦闘ロケット」を載せまます。 こちらも撮影用オリジナルの展示ですが、「宇宙大戦争」は結構面白かったと記憶しております。 この作品で使用される「宇宙大戦争マーチ」は「シン・ゴジラ」でのヤシオリ作戦時に使用されております。 ちなみに私のスマホの着信音や目覚まし音も「宇宙大戦争マーチ」だったりします.... さて、次。
19012620.jpg
 お次も「ゴジラ」ではなく、「海底軍艦」ですね。 小説が基になっておりますが、映画化にあたり多くの設定が変更されております。 「轟天号」、格好良いですよね。 私は知らなかったですが、公開時「香港クレージー作戦」と同時上映だったとの事。 そちらは観た事が無いな~....
19012621.jpg
 この作品は何度も観た作品ですが、なかなか面白い作品です。 この模型はオリジナルではありませんが、良く出来ており欲しいですよ。 部屋に飾りたい....
19012622.jpg
 こちらの展示物は撮影に使用された物ですが、「海野魚人」の名刺や「ムウ帝国」の箱です。 箱にはアルファベットで「MU」と書かれておりますが、「帝国の名前が書いてあるだけじゃないか!!」といった突っ込みは止めましょう。
19012623.jpg
 こちらは「轟天号」のイラストですが、イラスト関係も多数展示されておりました。
19012624.jpg
 唐突ですが、会場内では通路の真ん中にもド~ンと展示がされている個所もあり、写真の様に「メカゴジラの逆襲(メカゴジラⅡ)」の撮影用スーツが展示されていたりしました。 私は平成版よりも昭和のメカゴジラの方が好きですね~。
19012625.jpg
 ZONE3は「ゴジラ対モスラ」から「オール怪獣大進撃」となっておりました。
19012626.jpg
 この青焼はモスラの大きさを比較する為の物ですが、東京タワーやゴジラと比較して、かなりの大きさである事が判りますね。
19012627.jpg
 こちらはモスラに登場する「小美人」のトランクケースとミニチュアですが、どちらも撮影用の本物です。 小美人ですが、双子のユニットである「ザ・ピーナッツ」さんが演じておりましたが、このミニチュアって.... ですね。
19012628.jpg
 こちらの展示物は「怪獣大戦争」に登場する、「X星人」の円盤やサングラス等です。 「怪獣大戦争」、もう何年も
19012629B.jpg
 ZONE4は「ゴジラ対ヘドラ」から「メカゴジラの逆襲」となっておりました。
19012629.jpg
 そんな訳でして、天井から「ゴジラ対メガロ」に登場する「ジェット・ジャガー」が吊り下げられておりました。 結構、怖い顔ですよね.... ジェット・ジャガーって。
19012630.jpg
 展示されたジェット・ジャガーですが、ポスターに写っている物で間違いないです。 見れば見るほどに格好悪いですが、それがまた良いと思ったりしておりますよ。
19012631.jpg
 こちらは「メカゴジラⅡ」の人工頭脳ですが、良く見るとプラモデルのランナーだったりパーツだったりを並べてあるだけですね.... もちろん、撮影用のオリジナルですよ。
19012632.jpg
 ZONE5は1984版「ゴジラ」から「ゴジラvsメカゴジラ」までとなっております。
19012633.jpg
 こちらは1984版「ゴジラ」に登場する、「ハイパワーレーザービーム車」です。 良いですね~、このデザイン、いつかは模型を製作してみたいですよ。 
19012634.jpg
 このゴジラはスーツ用の「頭部メカニック」です。 アップ・ショット用に製作された撮影用オリジナルです。 
19012635.jpg
 ここにも「ゴジラ」が展示されておりますが、これは川北紘一氏が監修した平成ゴジラとの説明でした。 こちらも迫力があって格好良いですね。
19012636.jpg
 こちらは「ビオランテ」のモデルとの事ですが、復活したゴジラ第二弾の作品に登場します。 「ゴジラvsビオランテ」ですが、実は一回しか観た事が無かったりして.....
19012637.jpg
 キマシタ!! 「92式メーサービーム戦車」ですよ、こちらも「ゴジラvsビオランテ」からの登場となりますが、「ゴジラvsデストロイア」まで登場しておりますよ。
19012638.jpg
 そして1992版「ゴジラvsモスラ」に登場する「93式メーサー攻撃機」、これも結構好きな機体です。
19012652.jpg
 ZONE6は「ゴジラvsスペースゴジラ」から「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」までとなっております。
19012651.jpg
 これは「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」に登場する「メガニューラ」、この姿から進化しメガギラスになります。 トンボに近いとの事ですが、こんなトンボは嫌すぎる....

 実はZONE6の作品達はCS等の放送で観た事がある位だけでして、実はそこまで思い入れがある訳では無かったりして.... なので、写真は一杯撮ったのですが、メガニューラだけで終わらせてしまいます....
19012653.jpg
 ZONE7は2002版「ゴジラvsメカゴジラ」から「ゴジラ FINAL WARS」までとなっております。
19012639.jpg
 ゴジラ関連の中、突然現れた亀.... こちらは「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場する「カメーバ」です。 古いゴジラ映画にも出ておりますが、それよりも特撮テレビ番組「行け!ゴッドマン」にも登場.... ゴッドマン、懐かしいですね~。 本放送の記憶はほとんど無いのですが、水木さんの主題歌が大好きなので、たまにカラオケで歌っていましたよ。

 「いやはや、思っていたよりも展示物が多くて驚いたな~....」と思っていた所、会場の奥の方から曲を流しながら現れた物体の影.... 「ん、何だ!?」と顔を向けると、真っ赤な物体が近づいてきました。
19012640.jpg
 「クレクレタコラ」のタコラが登場!! 突然の登場に驚き、そして喜び、訪れていた人々がタコラの周りに集まります。 私も急いでタコラの側へ移動しパチリ!! そしてタコラと握手させてもらいました。 こんな演出、嬉しいじゃあないですか。 いや~、楽しかった。
19012641.jpg
 見学に戻り、お次は「ゴジラ×メカゴジラ」等に登場したメカゴジラです。 その名を「3式機龍」と言いますが、ミレニアムのメカゴジラはゴテゴテしておりますね。 嫌いではないですが、昔のメカゴジラの方が好みです。 こちらも撮影用オリジナルの3式機龍です。
19012642.jpg
 こちらは「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場するモスラの幼虫達ですが、可愛くは.... ないですよね~。 ゴジラ関係も終わりに近づき、会場にはゴジラ以外の特撮作品も展示されております。
19012643.jpg
 「東宝テレビヒーローズ」のポスター、懐かしのキャラクターもおりワクワクしますね。 幾つかの作品を紹介するパネルが展示されておりましたが、一番気になったのが....
19012644.jpg
 「流星人間ゾーン」だったりして。 私的には作品よりも主題歌が好きなのが大きいですが、パネルにある通りで、ゴジラも登場しますよ。 数年前にCSで放送しておりましたが、見直してみると結構面白かった様な気がします。
19012645.jpg
 展示物の中には当然「流星人間ゾーン」の物もあり、写真は劇中に登場する「ゾーンファイター」の物です。 チョットだけウルトラマンエースのエッセンスが入っているかな? 
19012646.jpg
 こちらは敵である「ガロガバラン星人」の頭部、通称はガロガと言われております。 撮影用のオリジナルとの事ですが、角のような部分にある破損が本物であると思わせる個所ですね。
19012647.jpg
 会場の奥に到着すると、関係者の方々が書いたサインパネルがありました。 そのそばでは映像を流しているコーナーもあり、こちらは撮影禁止ですね。 そして、会場の奥には巨大なステージを設けており....
19012648.jpg
 映画のワンシーンを再現させたコーナーもありました。 これはテンションが上がりますよ!! 
19012649.jpg
 こちらは初代ゴジラをモチーフにした物ですが、海へ向かうゴジラと骨になったゴジラ.... 1954版ゴジラが観たくなってきました。

 実際の展示物、実はこの何倍もあったのですが、既にこれだけの量になっていた為、除外しました。

 久々の特撮関係のイベント、しかもゴジラ関係でしたので大・大・大満足の土曜日となりました。

 さて、翌日はJR東日本で開催されている「キン肉マン スタンプラリー」をチョットだけ巡ってみましたが、こちらの記事はしばらくしてからとなります~。

 その前に、今週はハセガワより発売される「ファイター1」を購入し製作に入る予定ですので、次回の記事はそっち関係になると思います。 早く入手したい!!
nice!(58)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -