So-net無料ブログ作成

虹を見て、「ウイニング・ザ・レインボー」と口ずさむ.... [マンガ]

 昨日の東京、不安定な天気となりましたが、予報通り日中は雨が降ったり雷が鳴ったりしておりました。

 夕方前には雨も上がり、空に広がる雲に夕日が当たっておりましたが、気が付くと空には大きな虹が掛かっておりました。 しかも、良く見ると何本かの虹が掛かっているように見えましたよ。
1709121.JPG
 スマホの写真では分かりづらいのですが、虹の左側にも違う虹が掛かっており、肉眼では3本位の虹が存在している感じだったですよ~。

 「何本も虹が見られるなんて、綺麗なもんだな~」、そんな感じで虹を眺めておりましたが、普段よりも縦に伸びた虹を見て思わず出た言葉.... 「こんな虹を見ると、ウイニング・ザ・レインボーを思い出すね~」でした。 

 「ウイニング・ザ・レインボー」、この言葉を聞いてピンと来る方!! そう、アレですよ。

 車田正美先生の漫画「リングにかけろ」(通称:リンかけ)の中で、主人公である高嶺竜児が放った最後の必殺ブロー.... そう、その最後の必殺ブローが「ウイニング・ザ・レインボー」です。 (まあ、アッパーなんですけどね....) 「車田正美」と言えば、「聖闘士星矢」の方が人気・知名度共に高いと思いますが、私から上の世代の方々であれば絶対に「リングにかけろ」だと思います。 

 とっても人気がありましたので、お兄さんがいる友人宅へ行くと「リングにかけろ」全巻が揃っている事が多かった位です。 その後の「風魔の小次郎」も面白いのですが、終盤の流れがね.... そして、「男阪」は作風が馴染めず全く読んでいないのですが、途中で休載となり20年後に連載再開となり驚いた。 そして、「聖闘士星矢」の人気が爆発し漫画からアニメ化されまたね。

 「車田正美」の作品.... そうですね~、私が週刊少年ジャンプを購入していた時代ですので、「リングにかけろ」 ~ 「風魔の小次郎」 ~ 「聖闘士星矢」は読んでおりました。 その後、アニメになった「B'T-X」も好きだったな~。

 話が脱線しましたが、虹を見ながら思い出した「ウイニング・ザ・レインボー」、劇中での説明がそれっぽくて良いのですよ。 「リングにかけろ」25巻からの引用となりますが、試合中に剣崎のジムでマネージャーをしているキャサリンが剣崎順の弟である影道殉に説明しております。

 「はるか遠いマダガスカル島に伝わる虹の伝説・・・それは・・・ アフリカ大陸では東から西へ大陸を横断するほどの、信じられないくらい巨大な虹が出るそうです。 それを大陸の横にあるマダガスカル島で見ると、虹は気の遠くなるほど光り輝き天空高く真っ直ぐに屹立して見えると・・・・・・」
 「しかもその虹はひとつでなく無数に海から天空に向かって伸びているという! 人はその虹をウイニング・ザ・レインボーと呼ぶのだと!!」

 なんか凄そうな説明なんですが、状況はどうであれ竜児の放ったパンチはアッパーなんですけどね.... でも、ジャンプで読んだ時には、「スゲー、ウイニング・ザ・レインボーだって、とんでもねえパンチなんだろうな~!! 二発目では剣崎が天井近くまで飛んでったよ。」でした。 その後、お互いに最後の一発を打つ前の会話.... 子供の心には凄く響きましたよ。

 数々の必殺技と多くのキャラクターが登場する「リングにかけろ」、「聖闘士星矢」の比ではないと思います。

 最初は姉の菊と弟の竜児のボクシング漫画だったのですが、その後の展開が凄いのですね。 上京から都大会位までは、まあまあ普通だと思うのですが、「チャンピオンカーニバル」辺りから凄くなってきます。 「日米決戦」から「影道」の登場、「世界大会」でとんでもない奴らが出てきたと思ったら、「ギリシア十二神」ですからね。 既に現実離れをしておりましたが、「阿修羅」で更に驚き、永遠のライバルとなった高嶺竜児と剣崎順が行う世界タイトルマッチまで.... 25冊の単行本に「これでもか!!」と言う位に濃い内容でした。

 久々に虹を見て、「リングにかけろ」を読みたくなりましたよ。 読もうかな.... う~ん、25巻分を引っ張り出すのが大変かも.... でも、読みたい。 そうだ、今週末は三連休だった!! 
nice!(62)  コメント(15)