So-net無料ブログ作成
検索選択

今日からハンガリーにてF1のインシーズンテストが始まります~!! [レース関係]

 ハンガリーGPが終わり、F1も前半戦が終了....

 後半戦まで休みとなりますが、その前にF1のインシーズンテストが行われます。

 今年のテスト、開催場所をハンガリーGPが行なわれたハンガロリンクに移し、今日から2日間行なわれます。

 今回のテストで一番の注目は.... ズバリ、ルノーからロバート・クビサがテストに参加する事です!!

 ラリー中の事故にて、右腕に重症(切断寸前)を負い、F1の表舞台から転落.... 今でも100%ではありませんが、それでもWRCやその他のカテゴリーでレースに復帰しておりました。 事故を起こした当初、「もうF1で走ることは出来ないだろう....」と言われテおりましたが、不屈の闘志でここまで戻って来ました。 型落ちのF1とは言え、既にルノーのマシンで2回のプライベートテストを実施。 速さは失われていないとの判断され、今回のテスト参加となりました。

 明日の2日目にテスト参加となりますが、既に応援される方々がサーキットに集まりつつあるとの事です。 現行のF1に乗り、何処までタイムが出せるのか.... 世界中のファンが注目しております。

 さて、今回のテストも下記のサイトと某掲示板等でテストの状況を確認しております。 いつも通り更新しながらとなりますので、予めご了承下さい。

 ライブ情報の配信① → https://www.f1today.net/en/live/f1/229736/follow-live-the-first-day-of-the-test-in-hungary

 SKYSPORTSの現地情報 → http://www.skysports.com/f1/live-blog

 今日のマクラーレン・ホンダの担当は、ストフェル・バンドーン、今回のハンガリーGPでやっとポイントを獲得し、後半戦に向けて気合が入っております。 テスト開始から数周のインストレーションラップを行い、本格的なテスト開始。 21周を走り、タイムは1分18秒878を出し現在トップとなっております。 

 現在では若手ドライバーテストがなくなってしまった事もあり、2回行なわれるインシーズンテスト(合計4日間)では、出場経験3戦未満のドライバーを2日間起用しなければなりません。 そんな訳でして、今回のテストはは育成ドライバー達が多く参加しており、その点も注目されますね。

 ホンダとの提携を解消したザウバーですが、2日目の明日はGP2に参戦している松下信治を走らせるとの事です。 本来であれば、ザウバー・ホンダとなりF1参戦の流れだったのですが、解消によってその夢はた断たれてしましたが、明日のテストでF1の感覚を掴んでもらいたいと思います。

 さてさて、マクラーレン・ホンダはどんなテストになるのだろうか.... ハンガリーGPから2日しか経っておりませんので、エンジン側は大きな変更はなさそうですね。 ザウバーとの提携解消となり、トロ・ロッソと手を組むのではないかと言われておりますが、今回のテストでは信頼性も含め良いアピールをして欲しいです。

 現地時間で正午を過ぎましたが、現在のタイムは下記の通り。
1.シャルル・ルクレール    フェラーリ     1分18秒463 41周
2.ストフェル・バンドーン    マクラーレン    1分18秒550 24周
3.バルテリ・ボッタス     メルセデス     1分19秒423 56周
4.ニキータ・マゼピン     フォース・インディア 1分19秒910 37周
5.ランス・ストロール     ウィリアムズ    1分19秒949 42周
6.ジョージ・ラッセル     メルセデス     1分20秒193 38周
7.ニコラス・ラティフィ     ルノー       1分20秒321 29周
8.サンティノ・フェルッチ    ハース      1分21秒831 41周
9.ショーン・ゲラエル     トロ・ロッソ     1分22秒693 18周
10.グスタフ・マルヤ     ザウバー      1分23秒731 32周
11.マックス・フェルスタッペン レッドブル     ノータイム   2周

 先日の決勝と同じ時間帯になった時、どれ位のタイムになるか気になりますね。

 お昼前にマクラーレン・ホンダはストップしてしまいましたが、今回のテストでは車体とエンジン共に新パーツを導入し、エンジン関係にオイル漏れが起きていたとの事でした。 ストップした事は「念のため」と言われておりますが、ホンダ側が新パーツを導入してくる事は攻めている証拠ですね。

 マクラーレン・ホンダは夕方まで作業となり、現地時間の午後4時にコース復帰。 バンドーンは色々なチェックを行いながらタイムを縮め、最終的には1分17秒834で初日を終了。 テスト終盤までトップタイムでしたが、最後にフェラーリのルクレースに抜かれ2位となりました。 テスト項目は多いと思いますが、2日目に対応出来れば良いですね。 

 ハンガリーテストの最終結果は下記の通りです。
1.シャルル・ルクレール    フェラーリ     1分17秒746 98周
2.ストフェル・バンドーン    マクラーレン    1分17秒834 72周
3.バルテリ・ボッタス     メルセデス     1分18秒732 155周(ピレリのタイヤテストでした)
4.ジョージ・ラッセル     メルセデス     1分19秒231 119周
5.ランス・ストロール     ウィリアムズ    1分19秒866 137周
6.ニキータ・マゼピン     フォース・インディア 1分19秒910 52周
7.ニコラス・ラティフィ     ルノー       1分20秒302 53周
8.ショーン・ゲラエル     トロ・ロッソ     1分20秒341 101周
9.ルーカス・アウアー     フォース・インディア 1分20秒563 52周
10.サンティノ・フェルッチ   ハース      1分21秒185 100周
11.マックス・フェルスタッペン レッドブル      1分21秒228 57周
12.グスタフ・マルヤ     ザウバー      1分21秒503 108周

 テスト開始時、「メルセデスは何でボッタスが走っているのだろう?」と思っておりましたが、ピレリのタイヤテストを行なっていたのですね、納得・納得.... 新人さんが多いテストでしたので、バンドーンが上位に来る事は予想しておりました。 しかし、フェラーリのルクレールは速いですね。 ザウバーがホンダと提携解消し、来年からはフェラーリの新型を搭載との事ですが、どうやらフェラーリはザウバーをジュニアチームと考えており、ルクレールを乗せるのではないかと噂されております。

 あっと言う間に初日のテストが終わりましたが、クビサが参加する2日目は大注目ですね。 出来れば、その影でマクラーレン・ホンダがアッと驚くタイムを叩き出してくれれば、なおさら嬉しい限りです。
nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感